スポーツ

プロ野球入りで大化けする選手予想ベスト5――ドラフト会議2018

 10月25日に開かれる、プロ野球ドラフト会議。各メディアを賑わす「ドラ1候補」の陰に、即戦力となりうる「隠し玉」も多くいる。アマチュア野球界に精通し、ドラフトを知り尽くしたライター・菊池選手が「獲るべき選手」や「大化け選手」を発掘する!


未来の山川穂高(西武)はいるか? 大化けプロスペクト5


《大化けプロスペクト5》
1 引地秀一郎(倉敷商/投手)
2 梅津晃大(東洋大/投手)
3 杉山一樹(三菱重工広島/投手)
4 知野直人(新潟アルビレックスBC/内野手)
5 土居豪人(松山聖陵/投手)

 完成度は低くても、底知れないポテンシャルを秘めた未完の大器として注目したいのが引地秀一郎(倉敷商)だ。力感抜群の腕の振りから放たれる剛球と、高速で変化するスライダーには夢が詰まっている。時間はかかるかもしれないが、いずれ大エースに育つ可能性を感じさせる。

 梅津晃大(東洋大)は同期でドラフト1位候補の甲斐野央、上茶谷大河に比べると実績面では劣るものの、潜在能力の高さは両右腕をはるかに上回る。将来的に160km/h台を計測しても驚かないほどの力が、この190cmの大きな体に眠っている。

 高卒3年目の杉山一樹(三菱重工広島)は即戦力とは言いがたいものの、今後どこまで伸びるのか予想できないほど可能性を秘める。今夏の都市対抗では短いイニングながら角度のある剛球でスカウト陣の度肝を抜いた。

 独立リーグでは知野直人(新潟アルビレックスBC)の身のこなしのよさにため息が出る。NPBでもショートのレギュラーを期待できるだけの素材だろう。


 土居豪人(松山聖陵)の時折見せる指にかかった快速球にも大いなるロマンがある。

取材・文/菊地選手(野球部研究家)
― [ドラフト会議]を10倍楽しむ方法 ―





おすすめ記事