デジタル

再ブーム『ポケモンGO』の素朴な疑問。なんでこんな場所に人だかり?

ミュウツーが当たって有給を取ったと同僚が言ってたけど……

A:招待制の「EXレイド」はなぜか平日ばかりで……  ミュウツーなど特別なポケモンに挑戦できる「EXレイド」というイベントも人気です。EXレイドは抽選による招待制で、開催日時は平日の10時や13時などが多く、社会人泣かせのスケジュールが続いています。どうしてもミュウツーが欲しい場合は有給を取るしかなかったわけです。ちなみに、現在はミュウツーのEXレイドは終了し、10月から『ポケットモンスター ルビー・サファイア』の幻ポケモン・デオキシスのEXレイドに切り替わっています。

現在はデオキシスと戦う招待制の「EXレイド」


友人から「『ポケモンGO』に復帰して!」としつこく迫られたんだけど、何か裏があるの?

A:裏があります  今年6月にフレンド機能と待望の交換機能が実装され、さらに7月に交換したポケモンがまれに「キラポケモン」になる仕様が追加されました。運良くキラポケモンになると強化に必要な「ほしのすな」の数が半分で済みます。  昔に捕まえたポケモンほど、交換でキラポケモンになる確率が上がるため、初期の頃に止めてしまったプレイヤーのポケモンが狙われているわけです(廃止になった貴重な技を持っている初期のポケモンも狙われています)。あなたのボックスにも意外なお宝が眠っているかもしれません。

キャラガチャもないのに、なんで課金売上がそんなに高いの?

A:ある意味ガチャはあります 『ポケモンGO』にはスマホのソーシャルゲームによくある、キャラを引くガチャはありません。課金はレイドバトルを追加で行える「プレミアムレイドパス」(1回100円相当)と、歩いてポケモンのタマゴをふ化させることができる「ふかそうち」(1個で3回ふ化できて150円相当)がメインです。最近では有料のコスチュームも充実してきています。  レイドバトルは無課金では1日1回しかできないため、能力の隠しパラメータ「個体値」がすべて最高の伝説ポケモンをゲットしたいガチ勢は、何度もレイドバトルを繰り返すことになります。また、ベイビィポケモンの激レアな色違いを求め、手持ちのタマゴを次々に割りたいコレクター勢にとっては「ふかそうち」が必須です(無課金の場合は基本的に無限ふかそうち1個のみ)。  直接的なガチャはないですが、レイドバトルで取れるポケモンの「個体値」がどのくらいか、タマゴからどんなポケモンが生まれてくるのか、そうした部分がガチャに似た楽しみになっています。ゲーム雑誌・アニメ雑誌の編集を経て独立。ゲーム紹介やコラム、書評を中心にフリーで活動している。雑誌連載をまとめた著作『はじめてのファミコン~なつかしゲーム子ども実験室~』(マイクロマガジン社)はゲーム実況の先駆けという声も
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事