エンタメ

森三中・黒沢の実家でポタージュラーメンを食べてみた

 茨城県の某市にある「M食堂」は、女性お笑いトリオ・森三中のリーダーを務める黒沢かずこさんの実家。一軒家のような佇まいの店に入ると、黒沢さんのご両親が迎えてくれた。さっそくメニューを見てみると、醬油、味噌のほかに、山菜、カレー、マーボーラーメンといった多彩なラーメンや定食、丼ものが並ぶ。この注文をしてみないと何が出てくるかわからないラインナップは、いかにも老舗の食堂っぽい。山菜ラーメンも気になったが、今回は黒沢さんが考案したとされる「ポタージュラーメン」を注文。

ポタージュラーメン

ポタージュラーメン。クリーミーで体が温まる

 待つこと10分少々で熱々のラーメンが運ばれてきた。まずはスープを一口。味は、思った以上にポタージュだ。ラーメンのスープと構えて飲むと拍子抜けするが、ポタージュとしてはクリーミーで体に優しい味。ブロッコリーやタマネギ、ニンジンといった野菜は柔らかく煮込まれており、味が染みていてウマイ。後から載せたしゃっきりコーンも、いいアクセントになっている。肝心の麺はというと、縮れ麺でスープによく絡むため、相性はバッチリだった。ラーメンというよりはスープパスタと表現したほうが近いかもしれないが、普段通いにするには十分な味。値段も550円と全体的にも安めに設定されており、財布にも優しい食堂だ。

― 有名人の家族が経営する飲食店グルメガイド【4】 ―




おすすめ記事