恋愛・結婚

モテる男が必ずやっている「好きな女性から選ばれるための方法」

 こんにちは、結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

山本早織

 もうすぐ春を迎えるこの時期、「そろそろマジで婚活しなくては……」と焦る人は少なくありません。実際、私の運営する結婚相談所では、1月の入会問い合わせはパッタリ来なかったのに対して、2月に入ってからの問い合わせが多く、3月まで予約が埋まっています。そこで、今回はそんな男性婚活者の皆さまに勇気を持ってもらうための「モテる男が実は必ずやっている、好きな女性から選ばれるための方法」をお伝えしていきます。

「モテる男orモテない男」の大きな違い


 男性はいつまでもモテたいという欲を持っているのに対し、女性は一人から愛されたいという気持ちを強く持っています。30歳を超え、「あいつはモテるのに、俺はなんだか女性関係パッとしないな」なんて感じているあなた。その大きな違いは学生時代の過ごし方にあるかもしれません。

 モテる男性の多くは、実は、「モテていない」と自己評価している人の倍近い数の失恋をしている可能性が高いです。その失恋も「片思いしていて、気がついたらほかの人と付き合っていることを知ったから諦めた」という自己完結した傷つきではなく、「好きだから『好きだ!』とアタックしてフラれた」「付き合っていたのにほかの男にとられた」など、直接的に女性から傷つけられた失恋の経験です。

 一方、十分な恋愛の場数を踏まずに、大人になり、婚活をしている人の多くは諦めが早い傾向にあります。「ここからが踏ん張りどころだよ!」というところまで来ると、すぐに諦めてしまうケースをよく目にします。「LINEがこないからもうやれることはない」「彼氏がいると知ったからやれることはない」など、アプローチ方法のバリエーションが少ないことと、傷つくのが怖いことがブロックになり、諦めるという選択をしてしまいます。

 モテる人は、学生時代にその経験をし、諦めずに突進しては撃沈、突進しては撃沈したからこそ、「今、どうやったら撃沈しないか?」というアプローチのバリエーションがたくさん持っているわけです。彼らのほうがはるかに恋愛で傷つき、苦しんできた学生時代だったわけですね。

結婚につながる恋のはじめ方 では、そんな経験をしてこなかったから、必ずしも婚活がうまくいかないのかというと、そうではありません。冒頭にもお伝えしたように、男性はモテたいという欲求がありますが、女性は一人から愛されたい。みんなからモテるテクニックを知るよりも、一人を愛するテクニックに切り替えることが大人の婚活必勝法です。

次のページ 
一途すぎると逆にうまくいかない「恋愛の落とし穴」

1
2
3





おすすめ記事