エンタメ

アイドル・塚本舞「個人で頑張る時代と思ってフリーランスに」

塚本舞「働き方改革」が叫ばれている昨今、グラビアアイドルやアイドルの世界でも、事務所に所属しない「フリーランス」の波が押し寄せている。グラビアアイドルとして活躍していた塚本舞さんもその一人。塚本舞さんは「まいぷに」の愛称でファンから親しまれていて、現在は音楽活動などにも力を入れている。  なぜ今「フリーランスアイドル」や「フリーランスグラドル」が増えているのか。その理由として、ツイッターやインスタなどのSNSでファンに直接メッセージや情報を届けることができることや、その発信力を使って自分で仕事を取ることができるようになっているからだ。  さらに、塚本さんはユニークな取り組みを行っている。以前から音楽活動をしていて、今回、クラウドファンディングを活用してソロデビューミュージックビデオ(MV)の制作に取り組んでいるという。そんな塚本さんにインタビューを実施した。 塚本舞――クラウドファンディングを活用したユニークな取り組みをしているそうですね。 塚本:はい、もともと音楽ユニット「夏の魔物」で活動していたのですが、2019年よりフリーランスとなったのをきっかけにソロでの音楽活動をスタートしました。第一弾の楽曲「Summer Motivation」は、音楽プロデューサー・ケンカイヨシさんにプロデュースしていただきました。私も音作りや作詞に携わらせていただき、丁寧に大切に制作した渾身の1曲です。 ――すでに目標額は達成しているとのことですが、その「Summer Motivation」のMVを制作するために、クラウドファンディングを活用しているということですね。 塚本:はい、楽曲を映像化しYouTubeに公開することで、私の歌声を待っていてくれた皆さまや、まだ見ぬ多くの方に届けたいという思いから、楽曲のMVを制作したいと思っています。 ――塚本さんはもともとグラビアアイドルなどでも活躍していましたよね。 塚本:はい、2013年から事務所に所属していましたが、ツイッターの「グラドル自画撮り部」の立ち上げに携わり、セルフプロデュースすることも多かったんです。グラビア撮影でも案を出させてもらったり、コラム連載をしたいと思ったら、マネージャーさんが出版社やニュースサイトの編集部にアポを取ってもらって自ら売り込みに行ったりと、自由にやらせてもらっていたんです。 ――ほかに、自分からどんな取り組みをしたことがありますか? 塚本:ほかにも、飲食可能なスタジオやオシャレなカフェを借り切って定期的なイベントを行っていたのですが、「この会場だったら何人くらいが呼べて、チケットをいくらに設定し、これくらいの人に来ていただけたら赤字じゃなくなって、これくらいの人数になるとこれくらいの利益になります」と損益計算書をつくって、事務所にはGOサインをもらっていたんです。音楽活動でも、自分でライブハウスにコンタクトを取って当日までの進行をやり取りしたりと、自分で回していける練習もしていて。そういう自由な働き方をさせてもらっているうちに、「個人」で頑張る時代かなという思いもあり、事務所を辞めてフリーランスとして頑張ることを決意しました。 ――フリーでやるための“助走期間”だったのかもしれませんね。そして今回、ソロで楽曲をつくることになったんですね。 塚本:ミュージックビデオの監督は、映像作家・写真家である松永つぐみさんにオファーをさせていただきました。 ――そういった依頼も塚本さん自らが? 塚本:はい。フリーランスでの活動には、不安なことも大変なこともたくさんあります。でも、「熱意」を伝えることが大切だなって思いますね。監督には「撮っていただきたいので、ご予算とスケジュールを教えていただけませんか?」と直接連絡した次の日には、お会いしていただくことができました。物おじせず、とにかくすぐにメールするようにしています。「スピード感」と「熱意」が自分のテーマですね(笑)。 塚本舞――クラウドファンディングのリターンはどのようなものがあるんですか? 塚本:サイン入りポスターお渡し会、女子会イベント、MV先行上映会トークイベントなどを7月14日に開催します。「撮影現場ご招待プラン」などもありますし、遠方の方や当日来られない方々にも楽しんでいただけるプランも用意しています。 ――塚本さんが1日スナックのママとなり一緒に飲める「スナックまいぷにプラン」というのもあるんですね。面白そうですね。 塚本:皆さんからの応援は、歌や作品、活動で恩返しできればと思っています。 「働き方改革」の時代、アイドル・アーティストとして「フリーランス」に果敢に挑戦する塚本舞さんの活動から目が離せない。 【塚本舞】 グラビアアイドルやとして活動し、2019年からフリーランスに。1stソロシングル「SummerMotivation」をリリース。オリジナル楽曲のミュージックビデオ制作プロジェクトのクラウドファンディングを行う ツイッター:@mai_tsukamoto インスタグラム:maipuni





おすすめ記事