ライフ

KANA-BOON飯田みたいに、失踪したくなった時の対処法をキャバ嬢に聞いた

―[キャバ嬢に訊け]―
 ロックバンド・KANA-BOONの飯田祐馬が6月5日から音信不通になり、家族から捜索願が出されていた。6月15日には無事、自宅に帰宅。19日、音楽活動の中での個人的な不安やプレッシャーが原因での失踪と発表された。  芸能人であろうが一般人であろうが現実が辛くなったり、逃げ出したくなったりすることもあるだろう。我々一般人が同じような状況になったとき、どのように解消すれば良いのだろうか? 普段から様々な人間を見ているキャバクラ嬢にその解決策を訊いてみた。

落ち込んだときはひたすら休め。ただし……

「人間なんだから、誰でも『いなくなりたい』『現状から逃げたい』と思うことくらいあるでしょう。飯田さんは有名人だし、家族がいたから大事になってしまったんでしょうけど……。うちの店の子にもいますよ、突然仕事を無断欠席して連絡すら取れない子。この仕事をしていると色々悩んだり疲れたりすることもあるだろうから、そういうときは思う存分休んでもらいますね。そんな状態で接客されてもお客さんにも悪いですし。  落ち込んでいるときは無理に気分を上げようとしたり、他人がアドバイスしても逆効果だと私は思うんです。だから私に聞ける話は全部聞いて、あとは落ち込むだけ落ち込んで自分の中で解決策を見つけたり気持ちが戻ったら、また出勤するようにさせています。水商売は休んだら給料は出ないけれど、会社員は有休を使えるんだから無理せず休みたいだけ休めばいいと思いますよ」
キャバ嬢に訊け

写真はイメージです(以下同じ)

 そう語るのは大阪郊外のラウンジでママを勤めるサユリさん(仮名・34歳)。「落ち込んだときはひたすら休め」というサユリさんだが、その間にはある決めごとを定めるという。 「休ませている間はお酒を控えるように言っているんです。アルコールが体内に溜まると体調だけでなく気分まで落ち込むそうなんですよ。アルコール依存症の人は鬱になりやすいともいいますし。なので気分が優れないときは、まずサウナに連れて行って汗を大量にかいてアルコールを身体から抜かせるんです。  私もイライラするときは大体連日飲み過ぎているときなので、そういうときは必ずサウナに行きます。サウナ後はリラックス状態になるので寝つきも良くなりますしね。汗をかいてたくさん寝てリフレッシュすることは、安定剤や睡眠導入剤を飲むよりも効果があると個人的には思いますね」  サラリーマンの中には飲み過ぎでストレスや鬱が溜まるという人も少なくないだろう。だが、人間関係のストレスはどう解消すれば良いのだろうか。
次のページ 
みんな自分のことを好きだと思って接する
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事