恋愛・結婚

マッチングアプリ鉄板戦略3か条。マッチから2週間以内に告白がベスト

マッチングアプリで彼女をつくりたい――。ワンチャンやセフレ探しではなく、本気で彼女が欲しい人の“ガチ恋活”の場としての可能性はあるのか? プロの奥義を伝授してもらいつつ、必勝法をついに見つけ出した!?
女性

※写真はイメージです(以下、同)

マッチングアプリの鉄板戦略

プロフ編 雰囲気で容姿をカバー。奇抜な文で興味を引け

「イケメンはそれだけで有利。容姿に自信がないならプロフ写真を作りこむ努力をしましょう」と語るのは、恋愛コンサルタントの鈴木リュウ氏だ。 「自撮りではなく必ず他撮りにすること。動物と一緒や、スポーツしている場面は好印象。横顔や後ろ姿などで容姿をごまかし雰囲気で勝負するのもアリです。服装はスーツかジャケット一択ですね」  プロフ文については、「スペック勝負できない人は、あえて奇をてらった個性的な文章で差別化を図り、『会ってみたい』と思わせるのも有効な作戦」(婚活アドバイザーの佐藤美香子氏)とのこと。ただし、ウェブメディア「マッチアップ」編集長の伊藤早紀氏はこうも忠告する。 「中高年が『年齢より若く見られます』とわざわざ書くと、かえって実年齢が気になってしまいます。自慢・アピールや、その逆の自虐は、コンプレックスや自信のなさが滲み出てしまうのでNGです」 イケメンとの勝負を避けるため、横顔や伏し目がち、コップで顔を隠すなどの雰囲気写真に逃げるのも手だ

メッセージ編 最短ルートで会えるやりとりを心がけよ

 せっかくマッチングした相手を逃さないために、メッセージのやりとりにも戦略が必要だ。 「“仲良くなる”ためにメッセージをダラダラ続けるのではなく、“会う”ための最短ルートを進むやりとりを心がけましょう」(佐藤氏) スマホ まずは、同じ趣味や好きなもの、同郷なら地元の話などをネタにして盛り上がりをつくるのが重要。 「狙っている女性が参加している小~中規模のコミュニティに入って、マニアックな趣味やマイナーな話題で共通点を確かめ合う。詳しくないなら軽く勉強して知ったかぶりしましょう」(鈴木氏)  やりとりの態度にも注意したい。 「自分の日常報告や説教じみたアドバイスはNG。相手の発言に共感し、感想を一言添えたら、その話題を深掘りするような質問を返す。これを一日1ラリー程度の頻度で続ければOKです」(佐藤氏)  伊藤氏も「マッチングしてから10往復ほどやりとりしたらもうデートに誘うべき。ライバルに目移りされる前に、早めに会うほうがいい」と語るように、大事なのはスピード感だ。 「理想は、マッチングから7~10日以内にデートに誘い、初回デートが盛り上がったら数日以内に2回目デート。そのまま告白して付き合うのがベスト」(佐藤氏)  刈り取りは早いに限るのだ。 ●マッチングから交際までの理想の最短ルート 1日目 マッチング ~メッセージのやりとり~ 7日目 デートに誘う ・週前半に誘い週末にデートするのが最適 ・デート直前にLINE交換 10日目 初回デート ・2回目のアポをしてしまうのがベスト ・日程調整でタメ口・ちゃんづけに 14日目 2回目デート ↓ 告白 ★本命の相手こそ短期決戦で進めるべき。「この人と話していると/一緒にいると楽しいかも」と思わせた勢いのまま告白するスピード感が大事だ
次のページ 
初デートを制すれば2回目でクローズ可能!?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事