ライフ

“銀だら”を丸ごと飲み干すラーメン。初体験のスープに心が踊る/五ノ神水産(淡路町)

スープだけじゃない。隅々までこだわり尽くされた味

 でもこのラーメン、スープだけが主役じゃないんです。まんま銀だらの味のスープなら普通に銀だら食べるわwwwってネットでツッコまれそう、間違いない。それでもやっぱり銀だらをラーメンにしちゃうには理由があるんです。それは、麺がめちゃんこおいしく食べられちゃうから!!! 五ノ神麺リフト もはやコレ、銀だらの新しい食べ方です。パツンとした食感の麺が銀だらの脂をスープをすくい上げ、こりゃたまんねぇ。お魚は白米と食べるだけじゃない、麺もイケるというカルチャー。
五ノ神水産チャーシュー

鳥の照り焼きさながらのチャーシューは優しい味わい

 そしてこちら鶏チャーシュー、というか鶏の照り焼きです。写真からも伝わる照り具合。ただただおいしいおかず。明日のごはんのお供にしたい。スープとの相性バツグンです。スープが塩ベースなので、あえて醤油で味付けをして変化をつけているそう。計算された優しい味付けに計算通り唸ります。
五ノ神水産メンマ

肉厚の三角メンマ

 スープがクセならメンマさえもクセ。三角メンマ。しかも肉厚。「三角なのは世界初では?って思います。」という石井さん。たしかに。こんなところで世界初との遭遇。いろんな繊維にぶつかって、口の中からちゃんとシャキシャキ聞こえてきます。気持ちいいいい。  とにかくめずらし尽くしなこの銀だらラーメン。石井さんになぜ銀だらのラーメンを作ろうと思ったのか聞きました。「ほかにやってる店がないからです。うちに食べにくる価値ってそれかな、と。他でも食べられる味なら、他でもよくない?って思います。」と話す石井さん。カッコイイ~~~。オンリーワンだからこそ、五ノ神水産に来る意味がある。  食材をそのままスープにしちゃって、麺で食べる。ラーメンのあたりまえだけど、極めると新しいカルチャー。食材を飲めちゃう。ラーメンって自由です。さらなる愛しかない。  ごちそうさまです! <TEXT/麺すすり子>ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員。豚骨ベースの鹿児島ラーメンで育ち、18歳で上京してラーメンの幅広さと奥深さに取り憑かれる
1
2
五ノ神水産
東京都千代田区神田多町2-9-6 田中ビル別館 1F
11:00~15:00/17:00~21:00(日曜定休)
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事