恋愛・結婚

短所を逆手にとってモテる方法

◆女性はただのイケメンよりも“内面イケメン”を求める!

内面イケメン「見た目が平均点以下でもモテる人は、“内面がイケメン”だから。むしろそのギャップこそが女性に人気なのです」と話すのは、人気精神科医のゆうきゆう氏。

「人よりも短所のほうが多い人は、長所が際立って収入やルックスなどを補う大きな魅力になります。例えば、会話が上手だったり、清潔感がある内面がイケてる人は、見た目に関係なくモテますね。女のコを楽しませようとする気遣いこそが高く評価されます」

 聞き上手などがその最たる例だ。

「また、平均点以下の男性は、『自分の魅力のほうが下』とわかっているからこそ、女性に尽くしやすい。特に日本の女性はストレートな愛情表現に飢えているといってもいい。だから、相手を尊重できたり、包み込むような言葉を発する人に、女性は惹かれるんです」

 たとえイケメンでも愛情表現の言葉を濁したり、恥ずかしがったりする人はモテないというわけだ。

「ストレートに愛情表現ができる人に、女性は『私に対して魅力を感じてくれている』と嬉しくなります。むしろ、女性は見た目よりもそっちのほうを重視しているものです。だから見た目をコンプレックスに思う必要はありません」

 仮に短所が目立ちすぎている場合でも、女性が「こういうところがあったんだ」という一面を見せるのが効果的だとか。

「例えば、『食事の仕方がキレイ』とか『箸の持ち方がいい』とか些細なことでもいい。短所があるからこそそんな長所が際立ちます。女性は意外と見ているもの。それに、女性だって完璧な男性を求めていません。それは自身も完璧ではないことを知っているから。そのうえで、自分を求めてくれる人、必要としている人こそがモテます」

 平均点以下でも卑屈にならず“内面のイケメン”を目指すべし。

【ゆうきゆう氏】
精神科医。ゆうメンタルクリニック院長
上野院 http://yucl.net/
電:03-6663-8813
著書も多数手がける

取材・文/藤村はるな 青柳直弥・大貫未来(清談社) ヒロタシンイチロヲ 朝井麻由美 増山かおり 上野 智(ミドルマン) 港乃ヨーコ 小野麻衣子(本誌) 
撮影/岡崎隆生 モデル/田村正太 竹田早織
― 平均点以下なのにモテる男の共通点【14】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事