恋愛・結婚

「結婚できる人/できない人」の交友関係。その習慣が異性を遠ざける…

「質問の回数が多い人」はモテる

会話 初対面のあと、また次に会いたいと女性に思ってもらえる男性の特徴を、ハーバード大学の研究チームがリサーチした結果、「女性へ質問をしている回数」が圧倒的に多いというデータが出たそうです。好感度が高い人は「15分に9回以上質問をした人」、好感度が低いのが「15分に4回以下しか質問しなかった人」だったとのこと。  質問力は日常生活でどれだけの人と会話をしているかがポイントになっています。今、なんでも相談できる友人がいないと感じた方は、結婚相談所の担当仲人でも、オンラインサロンなどの所属コミュニティの中でも、まずは一度、相談してみるのもいいかもしれません。  誰かに素直に話をする、アウトプットをするという行為は新しい視点を持てたり、新たな疑問が生まれたり、さらには自分自身でも気がついていなかった自分に出会えたりします。  そして、相手への興味というのは質問の数にも比例します。実は女性と喧嘩をした際、質問は効果的。「ごめんね」と謝るよりも「何が悪かったの? 教えて?」というほうが女性の機嫌が直りやすいのです。 「興味はあるのになぜか質問が出ない」という人はその習慣がないだけで、意識すれば必ずだんだんとできるようになります。ぜひともあなたの話をたくさん聞いてくれる友人を見つけ、質問上手な男性に成長していきましょうね。1985年、東京生まれ。アイドル、銀座のホステスなどを経て、現在は恋愛コンサルタントとして結婚したい男女に向けて情報や出会いの場を提供する。メルマガ「結婚につながる恋のコンサルタント山本早織があなたの恋のお悩み解決し、最高の結婚生活の作り方も教えます」が配信中。公式ホームページ「結婚につながる恋のコンサルタント 山本早織」(Twitterアカウント:@yamamotosaori_
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠