恋愛・結婚

“オンラインデート”に集うおじさんの生態。底辺グラドルが潜入調査

 緊急事態宣言は一体いつまで続くのか。一人ひとりが“外出自粛”の意識を強く持つよう、政府や自治体から繰り返されているが、いま外を出歩くことは難しい状況である。  そんななか、異性と恋愛・デートがしたいというニーズもある。アラサーで独身の筆者もそのひとりだが、デートクラブも世の中に合わせてオンライン化しているらしい。果たして、そこに集う人たちの生態とは……? 今回は底辺グラドル兼ライターの筆者がその世界を潜入取材してみた。

終日テレワーク、家族の隙を見て“オンラインデート”を利用する男性

吉沢さりぃ

久しぶりにバッチリと化粧した筆者・吉沢さりぃ

 以前は毎晩飲み歩いてきた筆者だが、当然それは不可能になった。家に引きこもっているわけだが、すっかりゲームやYouTubeも飽きてしまっている。  デートがしたいなぁと考えている最中に高級交際クラブの「ユニバース倶楽部」を発見。しかし外出自粛が叫ばれるなか、5月20日まで休業を決めたとか……そんななか、ZoomやLINEのビデオ通話を使って異性とデートができる“オンLINEデート”を打ち出したのである。デート時間は1回30分、女性は謝礼として5000円がもらえるそうだ(※男性は1万5000円~5万5000円)。これは気になる……。そんなワケで、合計3人の男性とオンラインで会ってみた。  ここのところ外に出る機会がなかったので、久しぶりに化粧をした。Zoomの画面をのぞくと、優しそうなおじさんが目の前に現れた。1人目は鈴木豊さん(48歳・仮名)。自宅だからかラフな服装である。 「はじめまして~鈴木と申します」 「さりぃです。今日はよろしくお願いいたします!」 オンライン お互いに簡単な自己紹介を済ませる。筆者が普段はグラドルでもあることを伝えると、少し驚いた様子だった。ちなみに土曜の朝9時スタートと指定されたが、その背景にはテレワークならではの事情があるらしい。 「会社の決まりで平日は全く外に出れないので……“家族”が出払うこのタイミングしか出来ないんですよ」  鈴木さんは家族がいるのにデートクラブを利用しているらしい。鈴木さんは物腰が柔らかく、紳士的な話し方。本当にこの人がパパ活を……? 「2011年頃から出会い喫茶に通っていましたが、今はコロナの影響で全く行けてません。ユニバース倶楽部は男女共に審査があるので総じてレベルが高いのですが、コスパが良い。ほかのデートクラブでは通常の顔合わせのオファーだけで数万円かかることもあり、それに加えてお茶や食事代。一方、オンラインデートだと通常の半額のオファー代のみ。気軽に美女と会えるので……この自粛期間を有益に活用して、良い相手と巡り会いたいですね」  なんと、“パパ活”歴はかれこれ10年になるそうだ。そんな出会いの猛者である鈴木さん。よっぽどお金持ちなのかな……。
次のページ
基本15人の女のコを囲い込むプレイボーイ
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事