恋愛・結婚

「不倫をしやすい男女の特徴3つ」探偵が見たコロナ不倫の現場より

 コロナ禍によって自粛を余儀なくされた日本国民。だが、その裏で抑圧されたストレスを発散するかのごとく“濃厚接触”に励む不倫カップルも存在する。さまざまなリスクを背負いながらも不倫をやめられない彼らの心情。探偵が見たコロナ不倫の裏事情とは――。
[コロナ不倫]密着ルポ

※写真はイメージです

コロナで密会時間は長時間化傾向。“ガス抜き”不足も不倫を後押し

 探偵事務所の代表として、これまで多くの浮気案件を見てきた山村佳子氏。濃厚接触が禁じられたはずのコロナ禍以降も不倫関係の相談が絶えないという。 「コロナ禍での不倫の特徴として、密会の長時間化傾向があります。会社からは自宅でのテレワーク作業を命じられているのに、妻には『今日は出社日なんだ』と伝え、あとはノートPCひとつ持って、彼女の家で仕事とセックス三昧。『今日は遅くまで残業』とごまかす場合、会えるのはせいぜい3時間程度ですが、虚偽出社作戦になると9時間くらいはずっと一緒に過ごせますからね。中には朝から彼女とお酒を飲んで、昼すぎからアルコールを抜くという猛者もいるようです」  キャバクラや風俗といった“ガス抜き”になるべき場所が、自粛要請によって機能していないことも、こうした問題を深刻化させているという。 「その一方でキャバ嬢もマッチングアプリなどを使ってパパ活するケースが目立ってきており、これが不倫に発展するケースも増えています」  ほかにも山村氏の事務所には「夜中に夫が自宅近くの月決め駐車場の車内でZoomを使って“リモートセックス”している姿を目撃した」「夫が意気込んでマスクが売っているか探しに行くと家を出たはいいけど、実際は浮気相手の家でイチャイチャしていただけで手ぶらで帰ってきた」など思わず頭を抱えるような相談が数多く寄せられているという。  コロナ禍でも不倫を続けた既婚男性300人へのアンケート調査結果でも「テレワーク推奨でガラガラになった浮気相手の職場で不倫に励んだ」などショッキングな報告が相次いだ。
次のページ
不倫する男女の特徴とは?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事