恋愛・結婚

「海は行きたいけど日焼けしたくない」アラフォー彼女のわがままにドン引き

「“海に行って夏を感じたい”そう言われたので、一泊二日の旅行を計画しました」
海

写真はイメージです(以下同じ)

 数年前に付き合っていた彼女との思い出を語ってくれたのは仁さん(仮名・37歳)。話によると、散々な旅だったんだとか…。

「海は行きたいけど日焼けしたくない」という彼女

「“海は行きたい。でも日焼けしたくないの”って言われたんです。海に行くのに無茶言うなって思いましたよ」  付き合って間もなかったこともあり、仁さんなりの日焼け対策を考えたそうだ。強力な日焼け止め、UVカット効果の高いパーカーやサンバイザー、そしてシェードまで用意。仁さんの頑張る姿を見た彼女は、“嬉しい”と言ってくれたんだとか。  こうしてやってきた初めてのお泊り旅行当日、仁さんは彼女を車で迎えに行った。そこには彼が用意した日焼け対策グッズを身にまとった彼女の姿が。天気の良い日に真っ黒なコーディネートは異様だったと語る。 「当時はそんな彼女も好きでした。でも…」  目的の海へ到着。日焼けを気にする様子もなくはしゃぐカップルたちを見て、仁さんは羨ましかったとのこと。試しに「海へはいろう」と誘うと、快諾はしなかったものの、足首までならと了承した彼女。時折笑顔も見せていたそうだ。しかし、これが地獄への第一歩となってしまう。

足が日焼けした!と騒ぐ彼女

「“足が日焼けした”って騒ぎ始めたんです。正直俺には違いが分かりませんでした…」 水着「そんなことないよ」となだめる仁さんだったが、聞く耳を持たない。イライラしている様子だったので、早めに宿へチェックインすることにしたものの、彼女の怒りは車内でも続く。 「“車で日焼けするなんて知らなかった。私、女の子だよ?教えてよ!”って言われたのには驚きました…」  後部座席に移動し、できるだけ日に当たらないように工夫していた彼女。車内は嫌な空気が漂っていたというが、何とか宿泊先へ到着。「風呂に入れば気分が変わる」と思った仁さんだったが…。 「“日焼けしてる?してるよね?跡がくっきりしてる!”って、ずーっと聞いてくるんです。大丈夫だよと何度言っても聞く耳は持ちませんでした。なら聞くなよ!って感じです」 足 その後、二人で温泉に入ったが、露天風呂からは彼女の大きなため息とブツブツと文句を言う声。これには、仁さんも次第に苛立ってきたそうだ。
次のページ
キレた彼氏に対し彼女は…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事