R-30

9月は「男をブサイクにする」季節 !?

9月は男をブサイクにする!「男は夏場に日焼けするもの」。そう思って肌に無頓着な読者諸兄も多かろうが、実は9月は、日焼けしたダメージが顕在化する恐ろしい季節なのだ。カリスマ皮膚科医の吉木伸子氏は指摘する。

「まず、肌への影響といえば紫外線です。紫外線はメラニンを増やしてシミの元をつくるだけでなく、コラーゲンを破壊してシワの原因に。また、肌に潤いがなくなって乾燥しやすい。真夏の紫外線は強烈なので、一度肌が乾燥するとそのダメージが後からきます」

 シワやシミができるうえ、乾燥して肌がゴワゴワに。結果、9月あたりに急に老け込んだ印象を与えてしまう男性が多いのだ。

「最近は男性の美意識も高まり、海やゴルフに出かけるときは日焼け止めを塗る人も増えています。しかし、シミは日々の紫外線の蓄積で生まれるもの。日常生活のなかでも、マメに日焼け止めを塗るなど、日頃からスキンケアの習慣を持つことが大切ですね」

 さらに、夏場の男の肌を劣化させるのは、紫外線だけではない。

「夏場は汗をかきますが、汗も肌に悪影響を与えます。特に、日焼けによって乾燥している肌はバリア機能が低下し、敏感肌の場合は、汗をかくと赤くなったり、痒みを覚えることも。いわゆる『汗荒れ』と言われるもので、首まわりやウエストのベルト部分など、汗をかきやすくて摩擦を受けやすい部位に痒みが出やすいです」

 肌はとにかく大事にいたわるべし。男だからとワイルドに扱っていると、後々に響いてしまう。

「とにかく肌には刺激を与えないのが一番。汗を拭くときはタオルでゴシゴシこするのではなく、ハンカチで抑えるようにそっと拭うように。また、肌を清潔で健康に保つために肝心なのは洗いすぎないことです。入浴時は、ナイロンタオルではなく綿タオルなどの柔らかい素材のものを使用し、ボディソープよりも固形石鹸などを使うほうが刺激は和らぎます。また、入浴後には保湿ローションなどを使って、肌の保護を心掛けて」

「男は日焼けしてナンボ」という概念は昔の話。9月にシミやシワ、赤みだらけの顔を見て愕然とした人は、時すでに遅しかも……? 9/1発売の週刊SPA!では、「危険! 9月は男をブサイクにする!」という特集を組み、肌、頭皮、匂い、肥満……夏のダメージが顕在化する9月こそケアを怠るな、と警告している。最近老けたかも?と自覚症状のある人もない人も、ぜひご一読を。 〈取材・文/週刊SPA!編集部 撮影/渡辺秀之〉

週刊SPA!9/8号(9/1発売)

表紙の人/ 池田エライザ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事