恋愛・結婚

夏の花火大会で発覚。恋人のインスタ映えに振り回される男が怒りの行動に

「この話を聞いた時、“そんな無茶言うなよ…”が本音でした」
花火大会

写真はイメージです、以下同じ

 とある夏の、苦い思い出を語ってくれたのは勇雄さん(仮名・29歳)。当時交際していた彼女から、都内でも有名な花火大会へ行きたいと言われたそうだ。しかし、その話を聞いたのは当日の昼。場所取り必須であることから、彼女にやんわりと断りを入れたのだが…。

なんとか場所を確保したものの…

「“つまらない夏になるから嫌!無理!”って言われました」 浴衣 一向に引く気配がなかったので、渋々現地へ向かうことに。案の定、多くの観覧客が場所取りをしていて、勇雄さんたちが座るスペースは無かった。だが彼女は諦めようとはせず、空いているエリアを探し回った。そして、花火大会が始まろうとするギリギリの時間に、何とか場所を確保することができたのだ。  しかし、場所取りに必死だった勇雄さんたちは、食べるものを用意していなかった。彼は慌てて食料を買いに行き、何とか準備はできたものの、彼女はどこか不満げな様子だったとか。 「はっきりとは聞かなかったんですが、“俺の段取りが悪い“と言いたげでした」  レジャーシートの上に買ってきた食べ物をきれいに並べ、スマートフォンで撮影する彼女。何度も撮影を繰り返す姿を見た勇雄さんは、“良い雰囲気を演出したかったのであろう”と推測していた。そしてお目当ての花火大会がスタートしたのだが…。 「全く見えませんでした。音だけがバン!バン!って…。だからあの場所は空いていたんですね…」  無言の気まずい雰囲気が漂ったそうだ。

リサーチ不足を責められた男が取った行動とは?

 この空気を変えようと勇雄さんが喋りかけようとした瞬間、“あなた、リサーチ不足ね。ガッカリした”と睨まれながら言われたんだとか。どうやら彼女は、花火を観たかったのではなく、インスタグラムに花火大会の様子をアップしたかったようだ。 「映える投稿ができると思ったのに」  インスタ映えしない花火大会は、彼女にとって無駄だったのだろう。必死の思いで探しただけに、勇雄さんとしても文句を言われるのは納得できなかったとのこと。 「俺はあいつのインスタ映えに利用されていたんです。花火を楽しむのは二の次。そう思ったらイライラしてきました」 インスタ映え 普段のデートでもインスタグラムのチェックばかりの彼女に対して、不満が蓄積していた勇雄さん。この件が引き金となり、彼女に文句を言うことに。しかし、彼女も応戦し、会話が成立しない状態。そこで勇雄さんはある行動を取ったのだ。 「人混みの中に放置して帰りました」
次のページ
彼女からインスタをブロックされ
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事