恋愛・結婚

モテるのに結婚に踏み切れなかった36歳男性。入籍を決めた意外な決め手は…

 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。  今回は婚活に苦しんだ男性が結婚を決めた理由から、「結婚と恋愛の違い」について学んでいきたいと思います。 「結婚がしたい」と強く感じている人が私のもとへ相談に来ますが、いざ婚活を始めると「なんかピンとこない」「気持ちが高ぶらない」「顔がタイプじゃない」など、「それって結婚に本当に必要なの?」と既婚者なら感じてしまうこだわりがたくさん出てくることが珍しくありません。
山本早織

山本早織

 結婚を経験していない男女は恋愛こそ結婚へつながる「正解」だと思い込んでいるため、過去の恋愛と比較し、それよりもいい人と結婚しようとしたり、それまでに恋愛をしてこなかったことを悔い、挽回しようと活動します。  女性はシンデレラのように、「結婚したらこんな生活をしたい」と夢を見、男性は「こんな女性と毎日過ごしたい」と夢を見ます。  しかし、結婚とは「プライベートの一部分」ではなく「生活」です。

モテる結婚に踏み切ることができないワケ

 チカラさん(仮名・36歳)はネットの私の記事を見てお問い合わせをくださいました。色白で今はやりの中性的な顔立ち。しかし、言葉には芯の通った力強さがあり、見た目とのギャップを感じたのを覚えています。  職業は外資系コンサルティング会社ということもあり、とても知的。仕事はバリバリと成果を上げてきたものの、恋愛だけがどうしても前に進まず、いよいよ周りからも心配され始め、弟の結婚をきっかけに本気で婚活をしようと決めたようでした。  当然、チカラさんのことを「女性からモテるだろうな」と私は感じました。  しかし、「遊べる女性はいるけど、本気になったことがない」というチカラさん。結婚したいって思えるほど好きになったことがなく、お付き合いをしても短期間で終わってしまうことが多いようでした。
婚活難民

※写真はイメージです(以下同)

 とにかく子供がほしいというチカラさんは結婚相談所で活動をすることに決めました。  想像通り、婚活を始めた彼のところには女性からのお申し込みが絶えずきていました。そんなチカラさん、前向きに素直にお見合いや交際をしているように見えていたのですが、実は彼の中では、「好きだなって気持ちが感じられない」という葛藤をしていました。
次のページ
結婚と恋愛の違いは?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事