エンタメ

まんしゅうきつこ(現まんきつ)文庫『アル中ワンダーランド』吉本ばななとの特別対談が収録! さらに人気ラジオ番組の生ゲスト出演決定!!

 自身のアル中体験を綴った描き下ろし漫画『アル中ワンダーランド』を、2015年に発表して大きな話題を呼んだ漫画家まんしゅうきつこ(現まんきつ)氏。  累計7万部! あの大ヒット作の文庫『アル中ワンダーランド』が9月25日発売された! 描き下ろしのおまけ漫画『その後のアル中』で、断酒中に再飲酒(スリップ)してしまった体験談を綴り、さらに著者が敬愛する吉本ばなな氏との特別対談を収録! さらに今回まんきつ氏が、初のラジオ生出演する事が決定した!

<吉本ばなな氏との、特別対談の内容は?>

文庫『アル中ワンダーランド』書影

文庫『アル中ワンダーランド』書影

吉本ばなな×まんきつ 対談風景

吉本ばなな×まんきつ 対談風景

「人生は生きているだけで苦しくて重たいもの。その対策を練らずに丸腰でボコボコになったのがこのまんが」 —————– 文庫本に収録される、吉本ばなな × まんきつ対談「快を求めず不快を見つめて」では、“アル中”をテーマに、“お酒の失敗談”、“飲酒との向き合い方”など様々な方向性で議論を繰り広げていく。読み終えると、この帯文の意味も読解出来るはず。

<文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ』に、初のゲスト生出演決定>

 この度まんきつ氏が、初のラジオ生出演する事が決定! 10月13日(火)O.A.予定の、文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ』内の人気コーナー「大竹メインデッシュ」への出演予定となり、大竹まこと氏との異色の生対談が実現する。なおまんきつ氏は、ラジオ生出演は初めてという事で「もう緊張している」と明かしていた。

<内容紹介>

まんしゅうきつこ(現まんきつ)、お酒に逃げたらこうなった。(全部実話)

ブログ「オリモノわんだーらんど」で一躍脚光を浴びた漫画家まんしゅうきつこ。 そのブログの存在は瞬く間に世に広まり、各所から漫画・イラストの仕事が殺到した。 しかし彼女はその陰でひとり、アルコール依存症にもがき苦しんでいた――。 アルコール依存症ゆえの大暴走の日々を綴ったノンフィクション漫画『アル中ワンダーランド』。まんしゅうきつこデビュー作がこのたび5年ぶりに文庫化される。 通院してお酒をやめた著者が「その後」を描き下ろしたおまけ漫画『その後のアル中』では、断酒中に再飲酒(スリップ)してしまった体験談を描いたり、著者が敬愛する吉本ばなな氏との特別対談を追加収録している。 お酒好きな方もそうでない方も、おかしくも悲しい“アル中の世界”を覗いてみませんか?

<著者・まんしゅうきつこ(現まんきつ) コメント>

漫画家・まんきつ

漫画家・まんきつ

 アル中ワンダーランドを刊行してから、色んな人に「もうお酒は飲んでいないんですか?」「続編は?」と度々聞かれていました。いつか、後日談として「お酒をやめたその後」についてしっかり描かなければ、という思いを心に抱きつつ早5年が過ぎてしまいました。文庫化にあたりそのあたりの出来事を描き下ろしてます。

<著者プロフィール:まんしゅうきつこ(現まんきつ)>

漫画家。1975年、埼玉県生まれ。2012年に始めたブログ「まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど」で注目され、2015年には自身初の単行本『アル中ワンダーランド』(扶桑社)を刊行。2019年にペンネームを、「まんしゅうきつこ」から「まんきつ」に改名した。著書に『ハルモヤさん』(新潮社)『まんしゅう家の憂鬱』(集英社)『湯遊ワンダーランド』(扶桑社)などがある。 出版社:扶桑社/ページ数:192ページ 発売日:2020年9月25日(金) 価格:650円+税 〈文/SPA!広報マン〉
文庫『アル中ワンダーランド』

お酒好きな方もそうでない方も、おかしくも悲しい“アル中の世界”を覗いてみませんか?
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事