エンタメ

TIFオンライン2020が開催! 「水着でアイドル頂上決戦」出演中のアンスリューム・月埜ヒスイが登場

 「週刊SPA! TIF特別号」では、世界最大級のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン 2020」(以下、TIFオンライン2020)に出演する6組のグループから、6人のメンバーが水着グラビアを誌面で披露し、「水着でアイドル頂上決戦」なる投票バトルが開催されている。  本企画では、「週刊SPA!」の表紙と巻頭ページにグループで登場する権利をかけて、雑誌についている投票券の数を競う。6組のうち最初に紹介するのは、アンスリューム。TIFオンライン2020初日、夕日が差すSKY STAGEに登場した。

アンスリューム

アンスリューム1

夕日が差すSKY STAGEに登場したアンスリューム (c)日刊SPA!

アンスリューム4

(左)アンスリューム・月埜ヒスイ (c)日刊SPA!

 誌面でグラビアを披露したのは月埜ヒスイ。実は昨年にもTIF2019に出演していたのだが、縁日エリアにのみ参加していたため、「ライブをできず悔しい思いをした」という。その悔しさをぶつけるべく臨んだステージでは、渾身のパフォーマンスを披露。  アップテンポでノリノリなEDMに乗せて、歌詞を早口にまくしたてていくメンバーたち。月埜いわく「よく読むとアタマが悪くて何を言ってるかわからない内容」ながら、意味より響きを優先させる歌詞は、マキシマム ザ ホルモンを彷彿とか。オンライン視聴ながら、その謎の中毒性にハマる観客たちも続出していた。  披露した楽曲のなかで、コメントの反響が大きかったのは、『恋せよ!ぱらぱら半ちゃーはん』。一昔前にギャルの間で大流行したパラパラの振り付けで、サビではチャーハンを炒める動作を踊りに取り入れた楽曲だ。
アンスリューム5

(c)日刊SPA!

 青色のへそ出しホットパンツの衣装で抜群のスタイルを見せつけた月埜の姿に対して、「青の子のスタイル良すぎ」などと称賛のコメントが相次いでいた。  インタビューでは「自分には個性がないので、グラビアでキャラがついてよかった」と語っていた月埜だが、初見の客相手のライブパフォーマンスでも、十分にアピールできることを証明したステージとなった。 (取材・文:森ユースケ)
【「水着でアイドル頂上決戦」投票方法】
●9月29日(火)に発売された「週刊SPA!」(10月6日号)又は、「週刊SPA! TIF特別号」誌面にある投票券に推し番号を記入したものを、はがきに貼る(複数枚の場合は封筒も可)。 住所、氏名、年齢、電話番号を記載の上、下記住所宛までお送り下さい。

●送付先
・〒:105-8070
・住所:東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング10階
・宛先:(株)扶桑社 週刊SPA!編集部 “水着でアイドル頂上決戦”係
※応募締切:2020年10月13日(火) 当日消印有効※
※読者プレゼントとして、激レア水着チェキが当選するチャンスも!
 詳細は紙面プレゼントページをご確認下さい。

週刊SPA! TIF特別号

ボリューム満点なTIFオンライン2020記念特別号!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事