エンタメ

HKT48に専用劇場が帰ってきた!

HKT48 ついにHKT48に専用劇場が帰ってきた。  11月2日、福岡県博多市にて「西日本シティ銀行 HKT48劇場 オープン記念公演」のゲネプロが行われた。  HKT48劇場は、彼女たちが結成した当時にもともと存在していたのだが、’16年3月31日にホークスタウンモール再開発に伴い、閉館されてしまっていた。  以降、HKT48は天神ホールなど市内のホールを借りながら公演を行ってきた。今回約4年7か月ぶりの専用劇場「西日本シティ銀行 HKT48劇場」がこの日オープンし、晴れてコロナの影響で中止していた有観客の公演もスタートとなった。 HKT48 オープン記念公演では、自身のデビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」からシングル曲を最新シングル「3−2」まで披露。 HKT48「控えめ I love you !」終わりのMCでは、懐かしい衣装に袖を通した田島芽瑠が「12歳でしたよ。私、この衣装(『スキ!スキ!スキップ!』)のとき」と時の流れを感じさせるコメントをしていた。 HKT48 シングル曲の後は、「HKT48城、今、動く」「HKT48」と続けて披露。曲終わりのMCでチームHのキャプテンでもある松岡菜摘が「この数か月、私たち活動ができないなかでいろいろな悔しさだったり、もどかしさだったりをたくさん感じたんですけど、今日こうして劇場公演を再開して、新しい専用劇場のオープンで実際にステージに立てていて、やっぱりアイドルってファンの方を元気にしたり、笑顔にしたりする仕事なんですけど、私たちがステージに立つことで、私たちが逆に元気をもらえていたり、勇気をもらえていたんだなと実感しました」と感慨深く語っていた。  ラストはもはや恒例っぽくなってしまった「引っ越しました」を披露し、締めくくった。  新たな専用劇場に引っ越しを完了し、HKT48がまたここから歩みを加速させていく。 取材・文・撮影/八木康晴(本誌)
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事