お金

鹿目まどか、綾波レイ…パチンコ業界の「記念日」が急増したワケ

記念日だらけの日本だが……

 日本は1年365日、毎日が記念日の国です。記念日と言えば「祝日」がすぐに思い浮びますが、平日も実は「~の記念日」だらけ。記念日登録で有名な「日本記念日協会」によると、現在有名無名も含め2000を超える記念日が登録されていて、登録数も毎年増えいてるそうです。
記念日

日本は365日すべてに「記念日」が制定されている。もちろんパチンコ関係も……

 例えば11月11日は1が4つも並ぶゾロ目の日のためか、有名な「ポッキー&プリッツの日」(1に似ているから)から「チンアナゴの日」(見た目がそのまんまですね)までなんと30以上の「記念日」が登録されているんだとか。協会での記念日登録料は10万円なので、自分の記念日を登録できるかも……しれません。  それはそれとして、パチンコ業界にも「記念日」の波は確実に押し寄せています。特に昨年10月3日の「鹿目まどか生誕祭」に、「秋葉原アイランド」に4200人(抽選打ち切り)を超えるファンが並んだ話題は業界に衝撃を与えました。

広告規制強化で「記念日」乱発

「鹿目まどか(かなめまどか)」と言えば、スロッターならずとも知られている『魔法少女まどか☆マギカ』のヒロインなのですが、その日は台の撤去日目前ということもあって一気に盛り上がった感がありました。そして業界的にも、これを境に「キャラの誕生日=イベント日」の構図が一気にクローズアップされたと言えるのです。
パチンコ並び

新宿で朝からパチンコに並び人々。この日はいわゆる“強い日”だったようで、雨にもかかわらず300人近いファンが列を作った

 開催された秋葉原アイランドは「萌えパチ、萌えスロの聖地」として有名な店です。2018年にもまどマギの増台で10月3日に3600人(同)という実績があったので、この日4200人を超える並びになったことはそれほど驚くべきことではなかったかもしれません。でも業界的には「人気キャラの誕生日で集客できる」と印象付けた出来事であったことは容易に想像できるでしょう。この他にも、同じ頃「Re:ゼロから始める異世界生活」のヒロイン「エミリア」の誕生日(9月23日)をメーカーが宣伝していたことを考えると、この流れは業界では規定路線と言えます。  広告規制で特定日やイベントや特定日を打ち出せなくなっている現在、キャラの誕生日はホールが出来る数少ない集客手法として定着していて、「旧イベント日」よりは使い勝手はかなり良さそうです。元々はアニメのファンイベントしてキャラクターの「生誕祭」は話題になっていましたが、パチンコ業界でも広告規制が強化された2011年頃から生誕祭のイベント化が目立つようになりました。ホールとファンが一緒に楽しめる数少ないチャンスなので、今後もぜひ盛り上がっで欲しいものですが……。  余談ですが、誕生日ではありませんがアニメキャラのイベントとして「力石徹の葬儀」(あしたのジョー)があったのをご存知でしょうか。なんと今から50年前の1970年3月24日に講談社で執り行われています。これはアニメの宣伝を兼ねたものでしたが、ファンの有志によるものとしては機動戦士ガンダムの「ガルマ・ザビ」の葬式も有名で、どちらも一般ニュースとして紹介されました。
次のページ
主なパチンコ、パチスロ機種のキャラの誕生日
1
2
勝SPA!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事