お金

パチプロが実践する「年末年始に勝つため」のホール選びと打つべき特定日

年末年始はホールの回収時期だが……

パチンコ

写真派イメージです。本文は関係ありません

 昨年と同様に、2021年のパチンコ業界も新型コロナウイルスの影響で大打撃を受け、新規感染者が減少した現在も厳しい状況が続いています。一部では客が戻りつつある地域もありますが、閉店するパチンコホールは後を絶ちません。  世間的には解禁ムードとなって迎える今年の年末年始。マスクやアルコール消毒を必須としているパチンコ店がほとんどですが、久々に「満を持して臨める書き入れ時」なのかもしれません。業界的に不況が続くこの状況下で、果たして勝つことはできるのでしょうか?  正直、この年末年始に「ただパチンコを打ちに行くだけの人」は勝てるわけありません。年末年始はゴールデンウィークとお盆期間と並んで、3大回収期間といっても過言ではなく、休みの期間に暇で打ちに行く一般ユーザーからは問答無用で回収していきます。  ただ、1ミリも勝てる隙がない店は客が減り続けて閉店に追い込まれるので、年末年始でもホール選びと台選びをしっかりすれば、勝てる可能性は大いにあるのです。ということで、年末年始に勝つために必要なホール選びのポイントをご紹介します。

グランドオープン・リニューアルを狙え

 年末年始の書き入れ時を前によくあるのが、グランド・リニューアルオープンのラッシュ。新規オープンの店は減ってきていますが、書き入れ時の手前になると、リニューアルオープンを実施するパチンコ店が急増します。  グランドオープンはもちろん、リニューアルオープンのお店も激アツの可能性が高いです。これは書き入れ時の直前にオープンして、最初だけ客に還元を行い、連休の終盤は回収モードに入るパターンがほとんど。つまり年始は厳しいですが、年末にグランド・リニューアルオープンをするお店を狙って行けば、勝てる可能性は確実に上がります。今はネットで調べれば簡単に情報が出てくるので、今すぐにオープン情報を検索してみましょう。
次のページ
1月1日は狙い目か
1
2
勝SPA!
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白