ライフ

GUCCIのローファーが長年人気のワケ 8万円の価値は十分にあり

76/108 1953 コレクション ホースビットローファー(GUCCI)8万8000円

MBのヘビーユース108

1953 コレクション ホースビットローファー(GUCCI)8万8000円

 1950年代に登場したGUCCIを代表するシューズ「ホースビットローファー」。馬具からインスピレーションを得た金具デザインが象徴のこのアイテムは、プレッピースタイルのアイコンともなりました。  紺ブレ&ノータックのアイビースタイルよりも少しくだけた印象の「海外のおぼっちゃま学生風」なプレッピーファッション。  GUCCIのこのシューズも金属パーツの輝きこそあるものの、コバがなく、華奢なフォルム。プレッピーらしい軽さとラフさが薫り、デニムやチノと合わせやすいシューズとして長年、人気です。  現在のGUCCIのデザイナーであるアレッサンドロ・ミケーレは保守的かつクラシカルなこのローファーにファーライニングをつけたり、かかとを潰しスリッパ状にしてワイドパンツと合わせたりと新しい価値を提示しています。  今回、おすすめするのはまさにかかとを潰せるタイプ。「つっかけ」状態でスリッパのように使うことができるほどアッパーのレザーは軽く、芯がない。  それだけに革靴らしい重さがなく、夏のショーツスタイルなどにも違和感なく合わせることができるのです。 MBのヘビーユース108

地味なメンズコーデを彩る効果も

 スニーカー感覚で着用できるため、さまざまなシーンで活躍。もちろんデザインはオーセンティックな革靴なので、セットアップスーツにも抵抗なく合わせられる。縦横無尽の組み合わせが可能な便利な一足なのです。  GUCCIらしい金属パーツは地味な印象のメンズコーデを彩る効果もあり、無地モノトーンの着こなしに花を添えてくれる。私のワードローブに欠かせないアイテムとなっています。  先日、この靴が行方不明になり、「もう一足、買ってこなきゃ」と緊急事態宣言下で営業時間まで調べましたが、結局靴箱の奥から出てきて、ことなきを得ました。  これがないと不安になるくらい、カジュアルでもドレスでも夏のショーツスタイルでも使える汎用性高い名作。値段はかなりしますが、その価値は十分にあります。  春先は特にチノやデニムなどに合わせて、コーデの格上げが図れる。どうせ長く履くならこのくらい投資してもいいかと。ぜひご参考に。 商品、衣装/すべて私物 撮影/山川修一(商品) 岡戸雅樹(人物)
MB
ファッションバイヤー。最新刊『最速でおしゃれに見せる方法 <実践編>』『最速でおしゃれに見せる方法』『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』ほか関連書籍が累計100万部を突破。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、ユーチューブ「MBチャンネル」も話題に。年間の被服費は1000万円超! (Twitterアカウント:@MBKnowerMag

最速でおしゃれに見せる方法 <実践編>

ユニクロやGUでもおしゃれな人は何が違うのか?

試し読みはこちら
幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ!https://cakes.mu/posts/19687


最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!

【今週の掘り出し物】
MBのヘビーユース108エア入りソールでサンダルを作ってみました。エア入りのソールって、身長を盛れるからいいんですよねえ。1万1000円ほど!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事