ライフ

「GU初の本革シューズ」“ありえない価格設定”にプロも思わず驚愕

履き始めからよく馴染む素材

アクティブスマートダービーシューズ

合皮のアクティブスマートダービーシューズも文句なしの高コスパ

 ただし、合皮の方が優れているポイントももちろんあり、まずは価格が安いこと。こちらだと1000円の違いですが、安いことには違いありません。  雨に強いことも合皮が明確に優れているポイント。本革を雨の日に履くことに抵抗がある人も多いでしょう。特に急な雨が心配という方は合皮のほうが間違いありません。  このように合皮にもメリットがあるのでそれぞれの生活環境や考え方によって選ぶのがオススメです。  また、履き心地も上々。インソールのクッション性がかなり高く、ずっしりと沈むような感覚で普通の革靴より履き始めがラクに感じました。

ブラックとブラウンの2色展開

リアルレザーダービーシューズ

コーディネートは選ぶものの、シックな色合いのブラウンもオススメ

 色はブラックとダークブラウンの2色展開。ダークブラウンもいい色味ですが、コーディネートでもブラックのほうが合わせやすく、大人っぽく見せやすいので選ぶならブラックがオススメです。  1000円分の価値は十分にあると思うので、どちらか選べといわれたら本革を選びます。  ただ3万円台の本革のシューズのクオリティを期待すると、もちろんそこまでのレベルには達していないでしょう。とはいえ、この価格帯ではありえないコスパなので、まだ高価な靴に手を出しにくいファッション初心者にはかなりオススメです。
次のページ
最強コスパの革靴、特にオススメしたいのは…
1
2
3
4
5
そのほかのオススメアイテムも多数紹介しているので気になる方は僕のブログ「AnderMag」、もしくはYouTube「まとめチャンネル」をご覧ください!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事