エンタメ

10か月で48kg減。クイズ王・古川洋平がダイエットに成功できたワケ

『水曜日のダウンタウン』などのバラエティ番組でもおなじみのクイズ王、古川洋平氏。つい1年前までは体重100㎏以上、丸いシルエットに眼鏡がトレードマークだった。そんな彼が、なんと48㎏も減量し、別人かと見間違うほどの劇的なイメチェンに成功。話題となっている。

10か月で48㎏減。クイズ王が到達したダイエットの真理

ダイエット

古川洋平氏

「物心ついたときから太っていた」と話す古川氏だが、37歳にしてここまで痩せることができたのはなぜなのか。 「減量を成功させるために大切なのは、一日の摂取カロリーが消費カロリーを下回ること。僕が効果を実感したのは、レコーディングです。アプリを使って、食べたもののカロリーと栄養素、そしてその日の運動量を記録して、消費カロリーと摂取カロリーをほぼ正確に把握しました。  食生活では糖質か脂質のどちらかを減らすことを考えて糖質がカットされた『マンナンごはん』や、タンパク質が豊富で脂質の少ないサブウェイのメニューを取り入れていましたね。運動はリングフィットアドベンチャーを一日1時間やった程度です。太っていたときはジムに行くのも億劫でしたから」  実は、一日の消費カロリーのうち、運動によって消費されるカロリーは半分以下。古川氏は、運動以上に基礎代謝の重要性に注目した。 「一日の消費カロリーの5割以上は基礎代謝です。代謝をよくするために筋肉量を増やせとよく言われますが、筋肉は基礎代謝の18%で第3位、第2位が脳で19%。そして、1位は肝臓で27%もありました。調べるまで肝臓なんて気にしたことがありませんでしたが、その無知が僕を太らせていたのかと気づいて、お酒もやめましたね」

結局「摂取カロリーが一日の消費カロリーを下回れば痩せる」

 つまり古川氏が実践したのは、食事制限に軽い運動というシンプルな方法だったのだ。だが、それもクイズ王ならではの探究心で、膨大な情報の取捨選択によって導き出したものである。 「ダイエット法によってメソッドは異なりますが、食事や基礎代謝にまつわる根本的なことは、理屈がかぶっていることが多いのです。また、集めた知識を応用して、時期や目標とする体型に合わせてアレンジもしました。例えば、僕も48㎏の減量うち、30㎏以上は体重が落ちやすい糖質制限で落としましたが、終盤から痩せ幅は狭いけど、リバウンドしにくい脂質制限に切り替えました」  しかし、こうした当たり前の方法こそ、達成が難しいもの。高カロリーなものを食べたい、という欲求には敵わないのではないか? それに対し、古川氏は「“摂取カロリーが一日の消費カロリーを下回れば痩せる”という大原則を正しく突き詰めれば、欲望にも打ち勝てる」と力説する。 「自分が口にする食事のカロリー、一日の消費カロリー、基礎代謝……それらを把握せず、知識なくダイエットすることは、森の中を彷徨うようなもの。そこに知識が加わることで道路が整備されて『痩せる村』と『太る村』の方向がわかるようになります。自分が今どの道に立っているのかを知れば、食べるときの判断力も変わるのです」  その考え方が有効なのは、古川氏のビフォー・アフターを見れば一目瞭然だ。減量に成功した現在、古川氏のもとにはダイエットにまつわる取材のオファーが多く届いているという。
次のページ
ダイエットによって訪れた心境の変化
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事