ライフ

中年男にしんどい人間関係は不要。「よっ」と声をかける顔見知りがいればいい

 コロナ禍で揺れる日本。今、そのど真ん中で生きる中年男性たちは何を考えているのだろうか? そこでSPA!は、40~55歳の男性会社員3300人(既婚2500人、独身800人)の大調査を敢行。今回は人生篇。その実情や悩みをひも解いた。

今、切実に欲しいものは何ですか?

中年のお悩み白書

若かった頃の自分を振り返り、残りの人生を考える中年男性たち

 厚生労働省によれば、男性の平均寿命は81.4歳。40代を過ぎ、人生の折り返し地点を迎えた彼らが「今、切実に求めるもの」はなにか? この問いに「肉体、精神ともに健康な体」との回答が36.7%でトップに躍り出た。 「40歳を過ぎてムリが利かなくなった」(45歳・食品)、「気力と体力が衰えたのか、楽しいことがない」(47歳・通信)という悩みも散見されたが、社会学者の田中俊之氏はこう頷く。 「私もそうですが、若い頃と同じ負荷には肉体的のみならず、精神的にも耐えられず、ストレスをいつまでも消化できずに抱え込んでしまう。それが中年です。そんな自分と向き合いながら長生きを望むならば、いかにしんどい仕事や人間関係を減らすかという取捨選択が大切。中年こそ、人生の断活が必要です」 中年のお悩み白書

願望と現実が乖離

 また、ライフシフトジャパンの豊田義博氏はこんな矛盾を指摘。 「中年世代は総じて『安定』や『平穏』を望んでいながら、仕事や老後、お金などあらゆる面での不満が先行していました。これは願望と現実が乖離している状態。  心の不満を解消し、安定や平穏を得るためには、働き方を変える、社内で改善策を提案するなど、とにかく『自分から動く』ことが求められます」
次のページ
今の生きがいは何ですか?
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事