仕事

「仕事でラクすることは悪?」中年会社員を不幸にする真面目すぎる国民性

 コロナ禍で揺れる日本。今、そのど真ん中で生きる中年男性たちは何を考えているのだろうか? そこでSPA!は、40~55歳の男性会社員3300人(既婚2500人、独身800人)の大調査を敢行。今回は仕事篇。その実情や悩みをひも解いた。
中年のお悩み白書

中年男性に聞いた仕事の悩みとは?

仕事中に頭をよぎっているものは?

 働き盛りのこの世代の人生の中心は、やはり「仕事」だ。では、仕事中にどんなことを考えているのか? Q.仕事中に頭をよぎっているものは?(複数回答可) ・仕事を頑張って、成果を上げたい 28.3% ・新しいアイディアやスキルアップ 23.8% ・体力・メンタルの不安 23.8% ・人間関係を広げて充実させたい 20.6% ・効率の悪い組織や業務体系へのストレス 19.4% アンケート概要:個人年収300万~1500万円、40~55歳の男性会社員3300人(既婚2500人、独身800人)が対象 =====  回答では「成果を上げたい」「新しいアイデアやスキルアップ」「人間関係の充実」が上位を占め、多くの人が真面目に仕事に向き合っていることが見て取れる。だが、その真摯さが報われるとは限らない。人材育成を支援するFeelWorks代表の前川孝雄氏は、現状をこう語る。 「辞令一枚での転勤や単身赴任、苦手な上司にも仕え、平成不況のなかで成功体験を積めずに我慢を続け、中年になってやっと“アメ”をもらえるかと思いきや、今度は会社から『早期退職・定年後を考えよ』と新たな“ムチ”で叩かれる。昇給昇進もなく年収は頭打ちにもかかわらず税負担は増加し、モチベーションを保つのが難しい」

「効率の悪い組織」に不満

 そんな過酷な環境でも、自身の処遇より「効率の悪い組織」に不満を持つ中年世代は、ある意味、正義感が強いともいえる。「リモートワークで効率化が進むと思いきや、余計に面倒な手続きばかりが増えていく」(44歳・教育)など、旧態依然とした組織への憤りは募るばかりだが……。 「キャリアを積んで、良くも悪くも組織全体を見渡せるようになった分、不満も生じる。しかし、『会社を変えたい』と思っても、どこか他人事なのがこの世代の特徴。実際に行動に移せる人はほとんどいません」(ライフシフトジャパンの豊田義博氏)  自分から動くことはなく、真綿で首を絞められるのは、「自分の能力が足りないふがいなさ」(15%)と自己評価が低いことも一因か。 「高度経済成長期を過ごした父親の『男は仕事に生き、成功してなんぼ』という価値観を引きずる最後の世代。実際には社会状況が一変して仕事での自己実現が困難なのに、価値観だけはアップデートされず、自己肯定感を抱けないという悲しい世代でもあります」(社会学者の田中俊之氏) 中年のお悩み白書Q3
次のページ
体力・気力が限界に…
1
2
3
週刊SPA!6/8・15合併号(6/1発売)

表紙の人/ 波瑠

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事