ニュース

スカイツリーに出没する「ミラーおじさん」の正体

街を歩いていると、ひと際異彩を放つ人物と出くわすことがある。そう、界隈ではちょっと知られた“名物おじさん”である。ただ、有名とはいえ、その強烈なインパクトゆえ存在(見た目)ばかりが独り歩きし、正体は知られていない。そこで今回、取材班が捜索&直撃してみた。

【ミラーおじさん】
スカイツリーの下に立つ男の手には大きな凸面鏡が

ミラーおじさん

「昔は自動車の整備をしてたんだけど、退職してからは暇だったんだよね」と谷さん。現在、晴れの日であればほぼ毎日、ツリーの下に通っているとか

 ようやく完成し、5月22日に開業が決まった東京スカイツリー。連日、大賑わいだが、その人ごみの中心にいたのが、この大きな凸面鏡付きの自転車を引く奇妙なおじさん。遠巻きに見ていると、地元民から「あの人はこの辺で有名な“ミラーおじさん”だよ」との声が。スカイツリーを訪れたら記念撮影したいところだが、全長634mものツリーを全部入れての撮影は至難の業。まして自分撮りは不可能。だが彼の持つ凸面鏡の前に立つと、ツリーの全体を入れて撮影ができるのだ。しかも鏡の使用料は無料! でも、なぜこんなことを? ミラーおじさんこと谷伸吉さん(69歳)に疑問をぶつけてみた。

「2年半前、俺自身がスカイツリーと記念撮影がしたくてさ、あの凸面鏡を持ってツリーの下に行ったの。そしたら、通行人に『私たちにも貸して』って言われて。気づいたら行列ができていたんだ」

 ツリーと写真を撮るために、凸面鏡というこの発想! 取材中、数分の間にも次々と観光客に声をかけられる盛況ぶり。この人気ならカネをとってもよさそうだが、「お金はとらないほうがみんな喜ぶし、なんかいいじゃん」と谷さんは笑う。スカイツリーの新名物。見かけたら、声をかけてみよう。

― 超局地的[街の名物人間]直撃リポート【2】 ―




おすすめ記事