ライフ

『ドラゴン桜』を見た東大生が思い出した「成績が上がらない人」の共通点

努力しても100%報われるわけではないが…

ドラゴン桜

©︎TBS

 最近だと「努力しても必ず報われるわけではない」という考え方が段々と浸透してきている気がしますが、僕は「自分の性格に合った形の努力をしなければ、伸びるものも伸びない」という考えが適切かと考えています。  努力しても100%結果が返ってくるわけではありませんが、まず努力をしなければ報われるはずもありません。  ですから、「努力をしても報われないなら努力なんてしなくていい」ではなく、「正しい方法で努力して、行った努力がなるべく報われるような結果を出す」という考え方がもっと広まってほしいと思います。

自身の性格を知る手段はひとつではない

『ドラゴン桜』で紹介された本の読み方を通じた性格診断も手軽で有効ですし、もっと詳しく知りたいという方は書籍やウェブサイトなどを利用してみるのもおすすめです。 「努力したのに結果が出なかった!」と悔しい思いをしたことがある方は、もっと自分に合った努力の方法がないかどうか、探って考えてみてはいかがでしょうか?1997年生まれ。世帯年収300万円台の家庭に生まれながらも、効率的な勉強法を自ら編み出し、東大合格を果たす。著書に最小限のコストで最大の成果を出すためのノウハウを体系化した著書『東大式節約勉強法』、膨大な範囲と量の受験勉強をする中で気がついた「コスパを極限まで高める時間の使い方」を解説した『東大式時間術』がある(Twitterアカウント:@Temma_Fusegawa

東大式時間術

現役東大生が明かす「超合理的な時間の使い方」


東大式節約勉強法~世帯年収300万円台で東大に合格できた理由~

目標達成のための最短ルート、最小コストの具体的な方法が満載!
1
2
3
4
5
ドラゴン桜とFFS理論が教えてくれる あなたが伸びる学び型

自身の性格を正しく知ることが「東大合格」への第一歩

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事