エンタメ

国民的妹・森日菜美。子供たちから「柏餅のおねえちゃん」と親しまれるワケ

 グラビア業界で“令和の国民的妹”との異名をとる女優の森日菜美が“令和の日曜朝の妹”になった。
女優・森日菜美

女優・森日菜美

スーパー戦隊シリーズ『機界戦隊ゼンカイジャー』

スーパー戦隊シリーズ『機界戦隊ゼンカイジャー』に出演中の森日菜美

 今作で45作目という歴史を誇るスーパー戦隊シリーズ『機界戦隊ゼンカイジャー』に、フリント・ゴールドツイカーとしてレギュラー出演中。ゾックス・ゴールドツイカー(増子敦貴)の妹という役どころで、初登場回での柏餅を大量に食べるシーンはキッズたちの脳裏に焼き付き、街中で「柏餅のおねえちゃん!」と呼ばれることもあるという。そんな食べる姿も絵になる“国民的妹”のマイブームは自炊。相棒となるのは、実家の農家から送られてくる愛情たっぷりの新鮮野菜だ。

実家から送られてくるキュウリ13本は多すぎ

森日菜美 学生時代に家業を手伝っていたこともあり、野菜の栽培が趣味というファーム女子。今は実家から離れて一人暮らし中だが、日々の『機界戦隊ゼンカイジャー』での早朝撮影で嬉しいことが増えた。「野菜収穫のために父は毎朝4時半ごろから働いていますが、私もそれに近いサイクルの生活になりました。先日の朝、久々に父に行ってきますの電話をしたら『お父さんも今家を出たところだよ~』と言われて。父は畑、私は撮影現場と向かう場所は違えども、一緒の生活をしているんだと嬉しくなりました」と大好きな父親と心は一つだ。  フリント・ゴールドツイカーはオーディションで勝ち取った役柄。それまで森の芸能活動に興味が薄かった両親も、今では放送を毎週欠かさずにチェックしている。愛娘へのエールとばかりにとれたて新鮮野菜を送ってくれるそうだが「どう考えても一人では消費できない量の野菜が届く。一人暮らしでキュウリ13本はさすがに多すぎますよね」と苦笑い。と言いつつも血は争えないもので「最近のマイブームは自炊。先日も唐揚げを作りました。でもほとんどを大まかな目分量でやってしまうので、大量に作りすぎる。…父に似ているなと思いました」と照れる。

全力全開の癒しはバスタイム

森日菜美 撮影に参加してから二カ月以上が経過。「撮影ではオーバーリアクションを求められることが多いので、声の出し方も鍛えられたし、朝から全力全開でテンションを上げています。一般的なドラマに比べて体力の消耗を感じます。爆破シーンは迫力満点に思いきりドカンとやるので、熱量と風圧にビックリ。当初は『アツ!』と顔に出てしまい注意されることもありましたが、今ではクールな表情をキープできるようになりました」と特撮ドラマの洗礼を受けながら、女優としての経験値を積んでいる。  そんな森の全力全開を支える癒しとは、毎晩のバスタイムだという。「湯船にご当地温泉の入浴剤を入れて浸かるのが癒し。目をつぶって入浴剤を手にとり、立ち上る匂いを嗅いで銘柄を当てることにハマっています。柚子の香りって簡単に当てられると思いますよね? 実はハズれることの方が多いんです」と入浴剤事情も教えてくれた。
次のページ
“令和の国民的妹” 家族からは“あなたそのもの”
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事