ライフ

ワクチン接種を上司が優先、非正規は後回し。「職域接種」に不満の声も

一般企業の「職域接種」で不満続出

 沖縄県を除き緊急事態宣言が解除され、限定的ではあるものの飲食店での酒類提供も再開された。ワクチン接種についても「想定を上回るペースで行われている」(民放社会部記者)ということで、医療関係者や高齢者だけでなく、若い世代への接種機会も拡大している。
ワクチン接種の案内

写真はイメージです(以下同)

 それには企業や大学などで接種を行う「職域接種」が一役も二役も買っていると見られているが、東京都内の企業に勤務する寺島亮二さん(仮名・30代)は、この職域接種について不満顔だ。

上司「各部の部長が最優先だ」

「社員へのワクチンが全員分用意できていないということで、希望者を募って接種する形なのですが、若い社員が予約したいと話していると、“各部の部長が最優先だ”と上司から耳打ちされたんです」(寺島さん、以下同)  年齢や立場を使った明らかなパワハラに違いないのだが、こう言われてしまえば、会社員としては閉口するしかない。 「理解のある上(長)がいる部署では、家族に基礎疾患持ちがいないか、高齢の両親と同居しているのかなどが配慮されたうえで、接種する人が決まっているらしいのですが。それもごく一部。予約受付のメールが来るたびに即定員一杯になるのに、騒いでいるのは50代までの社員だけ。その上はすまし顔で仕事していますが、あからさますぎてみんな引いてます」(寺島さん)
次のページ
非正規社員は後回し
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事