お金

大量閉店いきなりステーキ。不調理由は「いきなり」ではなかった!2つの深刻要因

「600店舗の壁」以外にもあった大借金という落とし穴

 話をいきなりステーキに戻しましょう。  では、ペッパーフードサービスの業績悪化は決算書のどこに現れていたのでしょうか。「600店舗の壁」以外にもヒントはありました。ヒントは、キャッシュフロー計算書です。  注目したいのは「投資キャッシュフロー(以下、投資C/F)」と「財務キャッシュフロー(以下、財務C/F)」です。   ペッパーフードサービスの連結キャッシュフロー計算書を見ると、投資C/Fのマイナスが年々増加していることがわかります。一方、財務C/Fは5年連続でプラスとなっています。これはどういうことでしょうか。  一般に、企業が借金し、手元資金が増えると財務C/Fはプラスになります。つまり一口で言うと、ペッパーフードサービスは「外部からの借金を増やして、投資しまくっていた」ということです。  もちろん、借金それ自体は悪いことではありません。しかし、ペッパーフードサービスは違ったのです。連結キャッシュフロー計算書を見ると、2016年に財務C/Fが約3億円だったものが、2017年には約13億円に急拡大しています。  これ、不自然ではありませんか?こんなお金がなぜ急に増えたのか。答えは、急に借金の額を増やしたからです。

自己資本比率がわずか2%に

 さらに、同社は債務、有利子負債の急拡大が財務状況を圧迫していました。  有利子負債は2016年12月期には14億円だったものが、翌年から25億円(2017年)、52億円(2018年)、82億円(2019年)82億円と増加。  それに伴って、自己資本比率は低下していきました。  2019年12月末時点では自己資本率はわずか2.0%となり、借金まみれ状態に。  一歩間違えれば債務超過に転落するほど低下しています。  借金は企業の成長に必要な側面があるのですが、あまりに急な借金や急拡大は企業にとって、無理を強いていることになるのです。
次のページ
借金まみれで頻繁にデートを繰り返す姿との共通点
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事