デジタル

OYANTENの2合炊きメスティンが最強!ふっくらツヤツヤご飯が美味すぎる

炊きたてご飯って、やっぱりおいしいよね!

ジバラーガジェット●OYANTEN 2合炊きメスティン 価格:1590円/サイズ:幅160x奥行き90x高さ60mm/重さ:約150g  自然真っただ中のキャンプも、自宅のベランダでチャレンジするBBQも、その満足度を右肩上がりにさせる秘訣は「うまいメシを作ること」。  空を見て、外の空気に抱かれながらの食事はカップラーメンでもサイコーにおいしいと感じさせてくれるトッピングですが、手料理でしかも美味、こういう食事を日常にできたら、疲れがちなテレワークでも癒やされるよなぁ……と感じること間違いありません。  特にオススメしたいのが炊きたてのご飯。パン派にもパスタ派、極力炭水化物抜き派の方々にも、野外での炊きたてご飯にチャレンジしていただきたい。  クッカーや飯盒、メスティンに米を入れ、水をじっくりと吸わせてからの中火~強火でファイアーオン。蓋からあぶくが漏れてきたらガスコンロやアルコールバーナーの火をとろ火にして5分、さらに10~20分ほど蒸らせば、ふっくらツヤッツヤのご飯の完成です。  ホカホカのまま口に運んで噛みしめると、米の甘みが押し寄せてくる。そりゃこりゃ糖質の塊だと言われるわ!と全身で理解できます。でもうまいのよぅ。おかずとして焼いた肉や魚をワンバウンドさせて脂を吸わせるともうやめられないのよぅ。

なぜOYANTENの2合炊きメスティンなのか?

ジバラーガジェット

スーパーや道の駅などで売っている、地産地消な炊き込みご飯の素が使いやすいベストサイズ。ソロキャンプやコメもの以外にもいろいろ食べたいファミリーキャンプによし

 ご飯を炊くためのグッズは前述したようにいろいろあるけれど、個人的にはメスティンがコンパクトかつ使いやすくていいかな。  1合炊きのダイソー(100円ではなく500円)、もっともベーシックな1.8合炊きのトランギア(2600円)、いっぱい炊ける3.5合炊きのトランギア・ラージメスティン(2980円)など選択肢はあります。  僕はあえてOYANTENの2合炊きを選びましたが、これには理由があります。  炊き込みご飯の素ってあるじゃないですか。山菜や海鮮を出汁と合わせたパックのヤツ。あれって2合ないしは3合炊きのものがほとんど。1~1.5合のコメと2合炊きサイズの素を合わせて作ると、具だくさんかつ出汁の味が染みまくって優勝するしかない炊き込みご飯が完成するんです。  そのときに1.8合炊きでは小さすぎ、3.5合炊きは余裕あっていいけど大きすぎってことで、最近は2合炊きのメスティンばかり使っています。  もし3合炊きの素を使いたいなら、トランギアのラージメスティンを使い、2~2.5合のコメで炊くとこれまた優勝ですよ!
次のページ
OYANTEN 2合炊きメスティンのここがスゴイ!
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事