お金

業務スーパーの強さは“非常識”にあり。牛乳パックデザートだけじゃない

「業務スーパー」の勢いが止まらない

業務スーパー HP

業務スーパー、公式HPより

「業務スーパー」を手掛ける神戸物産の大躍進が続いています。  現在、株価は右肩上がりで、8月9日には年初来高値(その年最も高い値段)を記録。時価総額はなんと1兆1,500億円を超えています。店舗数も前年から64店舗増加し928店舗と、1000店舗に迫る勢いです。  事実、滋賀出身の筆者も、業務スーパーは同志社大学時代、京都大学大学院時代とよく利用していました。  商品ラインナップを見ると、「冷凍ほうれん草」「揚げなす乱切り」をはじめとした冷凍野菜のほか、「ベルギーワッフル」や、新商品の「モンブランムースケーキ」といった冷凍デザートも好調のようです。  そんな業務スーパー、なんと直近2年間で営業利益が毎年約40億円ずつ拡大する凄まじい成長を遂げています。今期の着地は、約50億円拡大する見通しです。一体、あの緑背景の白字で描かれた「一般のお客様も大歓迎!」の看板の奥に、どんな経営戦略が隠れているのでしょうか。  同社を表すキーワードは「儲かる仲間づくりのプロ」です。

ポスト・タピオカの時代に大躍進

 神戸物産が展開する業務スーパーの名を一躍有名にしたのはコロナ以前のタピオカブームです。当時、業務スーパーで販売されていた冷凍タピオカは、売り切れ店が続出した大人気商品でした。  あれから2年――。 「タピる」も「やりらふぃー」も女子高生の口から聞こえなくなった現在。業務スーパーは一般の消費者に愛される店舗として成長を続けていました。  その理由は大きく3つ。 1.独自商品の開発力 2.FC展開による高利益率 3.製造と小売を一貫するSPA  順に説明していきましょう。 業務スーパー ビジネスモデル
次のページ
牛乳パックデザートに代表されるPB商品
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事