デジタル

食欲の秋!懐かしくて美味しいファミコングルメゲーム5選

食べ物と聞いて思い浮かぶファミコンは?

 食欲の秋到来! ということで、今回のコラムは、懐かしくて美味しそうなファミコンのグルメゲーム5選。みなさんの思い出に残っている食べ物が登場するゲームは何ですか?

●『桃太郎電鉄』

ハドソン/1988年
桃太郎電鉄

全国を鉄道で巡り各駅の物件を買って資産を増やす『桃太郎電鉄』

 RPG『桃太郎伝説』(1987年)の派生作として発売されたボードゲーム。サイコロを振って全国の駅を巡り資産を増やしていくゲーム内容はわかりやすく、当時4人でワイワイ遊べるゲームも少ないとあって、本編を離れて人気シリーズとなりました。  稚内の「ウニどんや」、高知の「さわちりょうりや」、名古屋の「きしめんや」……と、具体的な料理のグラフィックこそありませんでしたが、グルメ旅行ゲームの一面も! いつか太宰府に行って「うめがえもち」を食べてみたいなと子ども心に思っていました(笑)。

●『バーガータイム』

ナムコ/1985年
バーガータイム

上からバンズや肉を落としてハンバーガーを作っていく『バーガータイム』

 アーケード発の固定画面アクション。1988年には開発元であるデータイーストからディスクシステム版も発売されています。ディスクの方はややレアソフトとなっていて、5000円前後の値段がついています。  コックを操作してパンやハンバーグなどの上を歩いて落とし、敵の「ウインナー」「ピクルス」「エッグ」を挟んで倒していくゲーム性は新鮮。何段も積み重なったハンバーガーにかぶりつきたくなります!
次のページ
いわずと知れた大ヒットグルメマンガ
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事