ニュース

ポケモンカードの偽物で稼ぐ悪徳転売ヤーたち。数百円で買ったカードが数万円に

店舗の対策をすり抜ける転売ヤーたち

ポケモンカード

ポケモンカードはゲームセンターの景品になるほど大人気だ

保管場所に困らず、多額の利益を稼ぎ出せる手軽さからか、トレーディングカードゲーム(TCG)の転売が盛んだ。 特に昨年のポケモンカード転売バブルは連日の様にニュースで取り上げられるほどだったので、今でもポケモンカードは転売で高く売れると思っている人もいる事だろう。 結果的には、さまざまな転売対策が行われたことにより、昨年よりは下火となったが、今でもまだ転売は続いておりその手法はより悪質になっている。 情報を得ている人ならもはや周知のことだと思われるが、現在TCG関連をボックスで購入するとたいていのショップで購入時にシュリンク包装を取り除き、転売時に未開封新品として販売できない様に対策している。 そのため、対策をしっかり行っている店舗には転売ヤーが寄り付かなくなり、TCGコレクターやプレイヤーが安心して購入できるという安心感が生まれたのだが、実情は異なるようだ。

シュリンク包装するキットが人気に

シュリンク

大手家電量販店では購入時に必ずシュリンク包装を剥がしてから販売している

というのもそのまま横流しする転売ヤーは購入を控えるようになったのだが、悪質な転売ヤーは再シュリンク包装を行ってしまうのであまり対策になっていないというわけだ。 大手通販サイトでは、シュリンク包装に使われるハンディシーラーやヒートガンが、シュリンク包装による転売対策後に人気急上昇。レアカードを抜き、売れないカードに入れ替えた後にシュリンク包装を行って転売しているという。シュリンク包装ありと書かれていれば、未開封新品だと思いこんでしまう購入者の心理をついているといえる。

ハンディシーラーは500円程度で簡単に購入できてしまう

次のページ
オークションサイトではさらに悪質なケースも
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白