エンタメ

「俺の演技はビザールギターみたいなもん。本業はあくまで音楽」トータス松本が語る仕事の流儀

途中で切り上げる勇気

トータス松本──松本さんはどっち寄りなんですか?  俺は、無我夢中になって仕事してもうて、「あ、こんなに一所懸命やってしまった」って気づくタイプかな。「長くやった方がいいもんができる」っていうのが、銀次さん(伊藤銀次、ウルフルズをブレイクに導いたプロデューサー)の刷り込みで、まだ残ってる。 ──朝までレコーディングを続けるような。  そうそう、とにかく根を詰めて、体力の限界までレコーディングした方が、いいもんができる。そんな時代の教育を受けているから、それが残ってもうてんのよね。 ──民生さんも、昔はそれをやっていたんですけどね。  笹路(正徳、ユニコーンをブレイクに導いたプロデューサー)さんにそれを仕込まれたはずなんやけど、なんかのきっかけでバーンてやめたんよね。ソロデビューのときは、ニューヨークでレコーディングしてたやん? たぶん、スティーヴ・ジョーダン(アメリカの名ドラマー)とかの仕事を見て、「あ、これでええんや」と思ったんかもわかれへんし。

「まあ、時間が来たら、帰るべきよ」

──SPA! の読者も、どちらかというと、根を詰める世代でしょうね。そこで息を抜くためには、どうしたらいいと思いますか。  そうよねえ。だから、どこでその匙加減をすればいいのか……。まあ、時間が来たら、帰るべきよ。 ──なるほど(笑)。  朝まで作業とかせえへんようにして、途中でも帰る! その勇気が大事じゃないかな。最初のうちは「途中で切り上げてもうた」「あそこまでやればよかった」と思うかもしれへんけど、慣れてくる、絶対。そこで朝までやっちゃうから、疲れ果ててもうて、次の日使いもんにならなくなるのよ。ある程度年齢が行って、到達する域なのかね、これって。
次のページ
地震のときと違って、悔しいという気持ちが湧いてきた
1
2
3
4
5
セルフカバーアルバム『ズ盤』
2022年3月23日発売
収録内容

【CD】
・ガッツだぜ!! V
・借金大王 V
・歌 V
・愛してる V
・あそぼう V
・年齢不詳の妙な女 V
・相愛 V
・僕の人生の今は何章目ぐらいだろう V
・タタカエブリバディ
・ええねん V
【初回限定盤Blu-ray/DVD】
・ウルフルズ30周年プレ・イヤー 2021-2022お宝探しの旅
・フル盤 ザ・ムービー『稲川淳二のフルえる話』 ディレクターズカットver.
・「タタカエブリバディ (demo ver.)」 映像

30周年記念ライブ「“ウルフルズ 30th Anniversary Special Live”OSAKAウルフルカーニバル ウルフルズがやって来る!ヤッサ!やります!30曲 V」が開催

2022年5月21日(土)大阪府 万博記念公園もみじ川芝生広場

週刊SPA!3/22・29合併号(3/15発売)

表紙の人/ トータス松本

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白