恋愛・結婚

「飲食店デートで嫌われる男性」が実はよくやっている10の“マナー違反”

 こんにちは、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーの堺屋大地です。  筆者は100人以上の女性との恋愛経験があり、現在はLINE公式サービス『トークCARE』にて、年間約1500件のペースで恋愛相談を受けていますので、その経験則や知見から恋愛論を語らせていただきます。
女性・カフェデート

※写真はイメージです。以下同

 さて、飲食店で食事や飲酒をするのはデートの定番中の定番ですが、実はモテない男性がやりがちな地雷がたくさんあるのです。けれどそれに気づかず、無自覚のうちに女性に嫌な思いをさせてしまっているなんて人も少なくありません。  そこで今回は、「飲食店デートで嫌われる男性」の【マナー編】として、10の行動をご紹介。飲食店では女性に嫌悪感を抱かれてしまう地雷が非常に多いため、前回の【性格編】に続いて、今回は【マナー編】をお届けします。

①食事の前後に「いただきます」、「ごちそうさま」を言わない

レストランで食事する男女 飲食店で「いただきます」、「ごちそうさま」を言わなければいけないという明確なルールなんてありませんが、まさしくマナーと言えるのがこういった言葉。 「いただきます」、「ごちそうさま」が自然と出るか否かで、育ちのよし悪しを見透かされてしまうことも……。言わなくてもマイナスポイントにならないかもしれませんが、そういう何気ない部分をチェックする女性もおり、言っておいてマイナスになることもないので、言うにこしたことはないでしょう。

②カトラリーの使い方など最低限のテーブルマナーもなってない

 フレンチレストランでコース料理などを頼んだ際、ナイフやフォークといったカトラリーは外側から使う――こういった最低限のテーブルマナーを間違えてしまうと、女性に引かれてしまうこともあるでしょう。  スープを飲む際に音を立ててすするといったマナー違反でも、ドン引きされてしまうかもしれません。
次のページ
「飲食店デートで嫌われる男性」のマナー違反
1
2
3
4
5
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート