ニュース

実は多い「兄から妹への性的虐待」被害者の消えない恐怖。母に“早く忘れろ”と包丁で脅されたことも

 成人後、きょうだいとのトラブルに悩まされる事例が後を絶たない。きょうだいが巻き起こす、終わりの見えない骨肉の争いに家族は疲弊し、蝕まれる。そうした、「毒」としか言いようがないきょうだいの実態を追った。

兄から連日性的被害。親からは黙殺され…

多発する[毒きょうだい]トラブル

※画像はイメージです(以下同)

 幼い頃から日常的に兄の暴力を受けていた森由紀さん(仮名・39歳)。11歳になったある日から、そこに猥褻行為も加わった。 「当時はまだ何をされているかよくわからず、応じれば兄の暴力がマシになると思い抵抗しませんでした」
多発する[毒きょうだい]トラブル

風呂の鍵をこじ開け襲いかかってきた兄。兄はいつでもどこでも、森さんの体を執拗に狙ってきた。両親が森さんを救うこともなかった

 だが2年後、彼女は中学の授業で行為の意味を知った。 「妊娠の可能性があるとわかって、恐ろしくなり母に打ち明けると『卒倒するかと思った』とひと言だけ。『早く忘れろ』と包丁で脅されたことも。一方、兄は長男だからという理由で怒られることが一切なかったんです。父も家庭に無関心で、頼りにならなかった」

上京後も慢性的なうつに悩まされた

多発する[毒きょうだい]トラブル 18歳での上京を機に実家との連絡を断ったが、複雑性PTSDになり、男性の近くにいるだけでフラッシュバックに襲われ、慢性的なうつに。結婚は2回したが、相手を信用できたことはなかった。  だが、あるきっかけで数年前から前に進み始めている。 「2人目の元夫が幼少期に親戚から性的被害を受けていて、その加害者が逮捕されたと聞きました。それで私も1年前に兄と両親を相手に裁判を起こしました。『あの頃の私は悪くなかった』と公に証明される日まで立ち向かいます」
次のページ
見逃され続ける「兄妹間の性的虐待」その実情とは
1
2
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート