恋愛・結婚

30代既婚者 脱マンネリの工夫は「ときどき、ラブホ」

「まだまだ楽しい!」という夫婦がいれば、「とっくにセックスレス」というカップルも。人によってはすでに「不倫」を経験していたり……。熟年夫婦のデータはよく目にするが、30代のSEXライフは意外と調査されていない。そこで本誌では既婚者300人を対象に、性生活の中身に迫るアンケートを実施。さらに、夫婦のSEXのさまざまなパターンへの詳細な聞き取り調査を通して、今どきの30代夫婦の「SEXの実像」をリポートする

普段から「相手を喜ばせる工夫を取り入れているか」

 普段から「相手を喜ばせる工夫を取り入れているか」といえば、やはり「していない」が多数だが、一方で何らかの工夫を施す”クリエイティブ派”の意見も見逃せない。

 男女共に多かった工夫は「ときどき、ラブホでSEXをする」。

「子供を両親に預け、旅行先でラブホに泊まる。存分に声を出せるのが楽しい」(32歳・♂・結婚2年)と、夫婦水入らずの環境が好評だ。また「普段あまりしないので、ラブホなどに行かないと気恥ずかしい」(31歳・♂・結婚5年)と、ラブホはSEXレス気味な夫婦の駆け込み寺としても機能している様子。

「なるべく口に出して褒める」(32歳・♀・結婚3年)、「無言ですると作業的になるので、言葉を掛け合う」(33歳・♂・結婚8年)なども互いを高め合うのには有効なようだが、妻の4位に「イッたふりをする」がランクインしているのが、男にとっては少々ツラい。結婚してもなお、女は演技をし続けるものなのか……。

 その他、少数意見として「嫁にかわいい下着を着けてもらう」(33歳・♂・結婚5年)、「SEXするときは普段と違う香水をつける」(37歳・♀・結婚4年)など、微笑ましい趣向を凝らしている夫婦もいた。

 毎日顔を合わせる相手だからこそ、ときにはSEXに工夫を凝らす”緩急”が必要なのかもしれない。

100525_CL1_06.jpg
「妻が嫌がらないよう、変な体位は我慢」(38歳・♂・結婚4年)という後ろ向きな意見も。
やはり望まれているのはノーマルなSEX?


― 30代既婚者[リアルSEX]白書【4】 ―




おすすめ記事