原油相場で一発逆転を狙え!

今、原油がアツい もちろん油を買えっていうわけではない。原油相場の話だ。3か月で30%も下落した原油相場は77ドル台で反転攻勢。底打ち気配を強めているのだ。一気に30%も下落したのだから、強烈な反発が起こるはず 原油相場で一発逆転を狙う方法を探った

⇒【前編】はこちら http://nikkan-spa.jp/249638

 問題は投資手段。どうやって原油を買うべき?

「’08年の147ドルの高値をつけたバブル相場の頃は国内先物を使っていました。銘柄でいうとガソリンですね。今は日本の先物市場の出来高が細ってしまい流動性がないので不安もありますが、当時はまだ流動性があったんです」

 そう振り返るのはファイナンシャル・プランナーながら先物トレードコンテストでの上位入賞経験もある、コモディティ投資のプロ・藤川太氏。

◆コスト安の原油先物少額投資可の原油CFD

「その後の急落では海外先物を使っていました。流動性があるし、取引はドル建てなので動きが素直。日本の先物市場だと、原油価格が上がっても同時に円高が進行していると下がってしまうことがあります。ただ、海外先物は業者によっては、損切り注文がうまく執行されなかったりもする……。私は、それで3度も痛い目に遭って、利益を飛ばしてしまいました(苦笑)」(藤川氏)

 再三言っているように、原油相場の値動きはメチャクチャ荒い……。ストップ注文が約定されないと、大損しかねないのだ。

「あとはCFD。以前は手数料とスプレッドで10セントくらい取引コストがかかるのが一般的でしたが、最近では3セントのスプレッドで取引できる業者も出てきています。CFDには少額からでも取引しやすい利点もあります」(同)

 海外先物は手数料が割安だが必要な資金が大きめ。CFDは少額から始められるのが大きなメリットだ。それにFXと同じ感覚で使えるのでFXに慣れた人にもいい。円建てで取引したい人は国内先物で、といった感じか。ちなみにアンディ氏が使っているのはCFD。

 先物取引口座かCFD口座か、自分のスタイルに合わせて選択したら、次は原油相場ならではの“ルール”を学ぶべし。まずはファンダメンタルズだ。11年目氏は「水曜日の夜に気をつけろ」と警告する。

「水曜日の夜10時半(冬時間は11時半)にEIA(米エネルギー庁)の週間在庫統計が発表されます。事前のアナリスト予想と実際の数字に乖離があると、原油市場が大きく動くことがあるんです」

 FXトレーダーにとっての雇用統計祭りのようなイメージ。しかも、原油では毎週がお祭りだ

「あとは雇用統計やISM指数など、アメリカの経済指標で動くこともあります。基本的に原油は景気と連動する。アメリカの景気がよさそうなら原油は上がるし、不景気なら下がる」(藤川氏)

 原油初心者は、こうした基礎知識をまずは頭に入れてから、アンディ氏のやり方をマネしてみよう。使うのは11年目氏と同様、一目均衡表。だが、アンディ氏が重視するのは「雲」だ。原油が上昇中なら雲は陽転、下落中は陰転するし、雲の上限や下限は相場の節目になりやすい特徴がある。

原油相場

2つの雲を使って押し目買い。なお通常は26本先行させるが、アンディ氏は先行させない雲を使用

「まず1時間足の雲が陽転していることが前提。そのときの押し目買いのポイントを教えてくれるのが5分足の雲なんです。5分足の雲も陽転していたら押し目は浅いから1時間足雲の上限付近が買いのポイント。もし5分足雲が陰転していたら、深めの押しがありそうだから買いのポイントは1時間足雲の下限。スキャルならこれで十分だけど、スウィングなら1時間足と日足の雲を見てもいい」

 当面は、押し目をコツコツ拾っていくのがお勧めか。ただし、ボラがデカいので、くれぐれも低レバレッジでトレードに励むこと。これらを徹底して、夢の“オイルマネー”を手に入れろ

【原油で儲ける3か条】
・水曜夜は「在庫祭り」!
・2つの買いパターンで勝負!
・リスク管理を厳格に!

【アンディ氏】
http://ichimoku119.blog15.fc2.com/
FXや株、商品先物、CFDを駆使するスーパートレーダー。投資で築いた資産は2億円超。得意技は「もぐらトレード」

【11年目の投機家】
http://blog.livedoor.jp/supermoney/
某商品先物会社勤務。コモディティ投資の必読テキストとして高い人気。セミナーなども開催する。原油初心者はここから

【藤川 太氏】
生活デザイン代表。ファイナンシャル.プランナー。原油の取引経験も豊富。近著に『1億円貯める人のお金の習慣』(PHP)

取材.文/高城 泰(ミドルマン) 図版/ミューズグラフィック
― 原油相場に異変あり底値反転で一発逆転を狙え!【2】 ―




おすすめ記事