2ちゃん系仕手株情報サイトの使い方

これまで「ネットの口コミ情報は嘘ばかり」と信じられていたが、ネットには意外と仕手株の情報がゴロゴロ転がっているとか。また、2ちゃんねるやヤフー掲示板のコメント抽出に特化した情報サイトも登場。素人が、仕手株情報サイトで儲ける方法は果たしてあるのか!?

←【前編】はコチラ

◆仕手株でこれまで5000万円強稼ぐツワモノも

 本当にネットの情報で儲かるのか。株の世界では仕手株ほど儲かるけれど、情報を取りにくいものはないと言われている。

「ネットのなかに落ちている情報は9割ぐらいが、どうしようもない雑談。でも、中にはヒントになるような言葉もあります」

 そう語るのは個人投資家のX氏。

’08年から株を始め、これまでに「サハダイヤ」など仕手株で5000万円以上も稼いだのだとか。

「仕手株の情報を探すのは結構大変で時間がかかる。それに一回、銘柄を持つと『誰か有名なブロガーや仕手筋が何か言ってないか』気になるので、探しまわっています。2ちゃんも読みますが、気になるブログはRSSで読み込んでいました」

 地道な情報集めによって、売買のタイミングを決めている。その収集方法はX氏独特のもののようだ。しかし、なぜ仕手筋と呼ばれる人たちは、有益な情報をわざわざ書き込むのか。

ミハイル爺さん

転職サイト「@type」や適職フェア等で展開。ミハイル爺さんが「連休明け頃には80000円を超え、5月中には120000円を超えておるじゃろうぅ~♪」と発言したところ、株価は10万円超えに

「一種の義賊的なところがあるんじゃないでしょうかね。あとは、自分の影響力を確かめたかったりするんじゃないでしょうか。なかでも、『ミハイル爺さん』のような有力コテハンを追うとかなり儲かります」(X氏)

 ミハイル爺さんとは、今年突如ヤフー掲示板に現れた人物。『~~じゃわい』といった爺口調でコメントし、それらの銘柄がS高になったりしている、今注目の仕手筋なのだ。そして、管理人もそれを理解したうえで『恐るべき注目銘柄株速報』を作っている。

「僕も『キツネのレックス』などのコテハンには注目しています。意外と彼らは有益なコメントを残してくれていますから、今後コテハンの抽出なんかもサイトに実装できればと思いますね」(吉山氏)

ミハイル爺さん

人材紹介業。「浮動株がきわめて稀少なため仕手化する可能性大!!!! その場合の上値目処は5万~10万か?」とミハイル爺さんが発言し、株価は25万円まで上昇した。仕手化すると、株価は何倍にもなる

 コテハンとは2ちゃんねる内での固定ハンドルネームの略だ。ミハイル爺さんのような有名コテハンが、1~2か月ほど仕手株の情報をくれることもあるとか。

「使い方次第ですが、株のトレーダーは自分の持っている銘柄の安心材料を探したがる傾向がある。その情報収集を手軽にできるようにしたのがこのサイトなんです」

 仕手株を取引しなくても、決算報告書の見解など、人によって解釈が異なる情報を手軽に見られるのは、確かに便利だ。そして、コテハン以外にも仕手株を見つけるためのポイントがあるという。

「僕は出来高に注目していますね。普段は全然、商いが薄いのに、いきなりポッと出来高が増える場合がある。こんなときは、仕手筋が仕込んでいる可能性が多い」(X氏)

 例えば、東証と大証の両方に上場している銘柄ならば、大証だけでこっそり仕込むといったことも。それならば、普段東証で取引をしている人は気づかない。

「仕手筋はヘッジファンドの場合もあったりするでしょう。彼らは株価に提灯をつけたいので、情報が来たらスグに対処したほうがいいでしょうね」(同)

「ネットの口コミ情報は嘘ばかり」と言われたのは遠い過去の話といえるのかもしれない

― 2ちゃん系仕手株情報サイトで儲ける方法【2】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事