【オウム真理教関連事件年表】事件から17年。一連の事件ではいつ、何が起きていたか?

― オウム真理教関連事件年表 ―

【1984年】
2月「オウム神仙の会」設立

【1987年】
7月「オウム真理教」に改称

【1988年】
9月 真島照之さんが修行中に事故死。死体隠蔽を図る

【1989年】
2月 田口修二さんリンチ殺人事件

8月 東京都から「宗教法人オウム真理教」の認定を得る

11月 坂本堤弁護士一家殺害事件

【1990年】
2月 政治団体「真理党」を結成し、衆院選に麻原彰晃ら25人が立候補。全員落選

3月 生物兵器として「ボツリヌス菌」の製造実験開始

10月 熊本県波野村の土地取得に関する国土利用計画法違反容疑で全国一斉に強制捜査

【1993年】
5月頃 炭疽菌の製造および噴霧実験開始。東京・亀戸の教団施設周辺で異臭騒動が発生

8月頃 少量のサリン生成に成功。第七サティアン内にサリンプラントを設計

10月頃 上祐史浩がモスクワ支部長に任命され、ロシアに赴任(~’95年)

【1994年】
5月 第七サティアン内のサリンプラント建設開始(~7月完成)
   滝本太郎弁護士サリン殺害未遂事件

6月 教団内に「省庁制」が導入される、松本サリン事件

12月 水野昇さんVX襲撃事件、浜口忠仁さんVX使用殺害事件

【1995年】
2月 目黒公証役場の假谷清志事務長の逮捕監禁致死事件

3月 地下鉄サリン事件。その後、教団施設を強制捜査

4月 教団幹部の村井秀夫が東京総本部前で刺殺される

5月 新宿駅青酸ガス事件、東京都庁小包爆弾殺人未遂事件
   麻原彰晃こと、松本智津夫が殺人および殺人未遂で逮捕される

10月 偽証、および有印私文書偽造で上祐史浩が逮捕される

【1998年】
5月 地下鉄サリン事件などで教団幹部・林郁夫に無期懲役の判決

【1999年】
12月 広島刑務所を上祐史浩が出所。団体規制法施行

【2000年】
2月 「オウム真理教」から「アレフ」に改称。宗教団体として活動再開
7月 被害者遺族との間で賠償契約を締結

【2002年】
1月 上祐史浩が「アレフ」教団の代表に就任

【2006年】
9月 麻原彰晃の死刑確定

【2007年】
3月 上祐史浩が「アレフ」から脱会
5月 上祐史浩が「ひかりの輪」を設立

【2011年】
12月 オウム特別指名手配中の平田信が出頭する

【2012年】
6月 オウム特別指名手配中の菊地直子、高橋克也両容疑者が逮捕される

― 事件から17年――ついに語られるオウム事件の真実【4】 ―

オウム事件 17年目の告白

教団のスポークスマンとして世間を騒がせた上祐史浩氏が今まで語れなかった真実を告白




おすすめ記事