ライフ

メールしながら走行!自転車のマナー違反に怒りの声

普段の何げない行動、マナー的にはどこまでセーフでどこからアウトなのか。その境界線を探るべく全国20~40代の男女200人を対象にアンケート調査を行った ◆マナーの意識は高いけれど傍若無人な“レーサー”が急増  近頃トラブルや事故の多い自転車運転。警察の取り締まりも厳しくなっているが、すべての項目で9割以上がNGと、自転車運転に対する意識の高さが目立つ結果となった。  最近はロードバイクを使う人も増えたが、スピードには気をつけたい。「車道をあり得ない速さで走ってるヤツとか見ると、自転車はスピード違反ないのかよって思う」(男性・35歳・自営)。気分はツール・ド・フランスかもしれないが、周りはいい迷惑だ。 イラスト/石井匡人  ドライバーからの意見も聞いてみた。「車は自転車に配慮して当然!みたいな人が多い。ヘッドホンで音楽聴いてるヤツとかマジで危ないから」(男性・30歳・トラック運転手)。事故が起きても車の責任になると高をくくっているのだろうが、死んでしまえば元も子もないことを肝に銘じたい。  全国的にNGを突き付けられた無灯火運転で44%はOKと意見が割れたのは大阪だ。「大阪はどちらかというと歩行者よりも自転車のほうが強い(苦笑)」(男性・43歳・飲食店)。ほかにも「ベル鳴らしまくったほうが安全やん!」(46歳・主婦)など、もはやインドにおける牛的存在なのだろうか。  自転車は全国的にもマナーの意識が高いのに、危険運転が多いのはなぜだろうか。不思議な気持ちになる調査結果であった。 【自転車運転編】 ・メールしながらの運転(OK 4.5%/NG 95.5%) ・携帯で話しながらの運転(OK 7.5%/NG 92.5%) ・無灯火での運転(OK 8.0%/NG 92.0%) ・ベルを鳴らしまくる(OK 8.5%/NG 91.5%) イラスト/石井匡人 ― 公共マナー[OK/NG]の境界線【6】 ―
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事