カーライフ

【佐藤琢磨インタビュー】(後編)もてぎでは予選も決勝もベスト・ベストを目指します!

◆インディ日本代表・佐藤琢磨(KV Racing Technology-Lotus)

今年限りで14年間の北米トップフォーミュラ開催に幕を下ろすツインリンクもてぎ。佐藤琢磨が狙うは、最初で最後の“もてぎロードコース決戦”での有終Vだ!

←前編はこちら


――それにしても、去年のインディジャパンでの琢磨人気と盛り上がりはすごかったですね。

琢磨 去年、3年ぶりに日本でのレースを走って、母国レースを走ることはやっぱり特別なことなんだなあってことを改めて強く感じました。たくさんのファンに応援してもらうなかでレースをすることほど楽しいことはないですね。

――東日本大震災でオーバルが被災した影響で、今年は最初で最後のロードコース開催。走ったことは?

琢磨 デモランで走ったことはありますが、レースをしたことはないですね。でも、デモランで走るのとレースで走るのとはまったく違う。もちろんコースレイアウトは頭に入っているけど、レースウイークでレースをしてみないとわからない。特に予選を走ることで、ドライバーは一歩階段が上がるんです。あの緊張感の中で自分とマシンの限界まで走ることで、いろんなものが見える。

 だから、もてぎのレースがどうなるかってイメージは、今はまったくわかないですけど、おそらくクルマの特性上、フォーミュラ・ニッポンに非常に近いので、フォーミュラ・ニッポンのレースがすごく参考になるんじゃないかな。もてぎ前にドライバーに話を聞いてリサーチしたいですね。だけど、母国レースで日本のファンの声援が確実に背中を押してくれるので、オーバルでもロードでも雨でもなんでも大丈夫です。

――あと、いくらマシンにオーバーテークボタンがあっても、もてぎのロードコースは抜きどころが難しいと思いますが。

琢磨 そうなってくると、予選はすごく大事ですよね。予選、なんとかしなきゃ(笑)。

――せめて予選5番手くらいまでにいてくれると……。

琢磨 わかりました。そのように頑張ります(笑)。

――残り9戦。シーズン後半戦に向けての抱負とインディジャパンへの決意表明をお願いします。優勝宣言していただいてもいいですよ(笑)。

琢磨 初優勝の前にまずは表彰台だと思ってます。ロードコースでもオーバルでもまだ5位止まり。まだまだ結果につながってない。自分に腹立たしく思いながらも、可能性は感じています。シーズン後半戦では決勝での自己ベスト更新を目指したい。その集大成としてのインディジャパンでは、フィナーレの舞台に恥ずかしくない走りをして、予選も決勝もベスト・ベストを狙います。

プレッシャーはこれまでの母国レース以上にかかってくると思います。でも、思いっきり盛り上げたいし、みんなの期待に応えたい。いいレースができてみんなが笑顔になってくれるとうれしいし、ラストチャンスなので、100%完全燃焼します!

【インディジャパン ザ ファイナル】
9月18日(日)決勝(63周) ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)
もてぎのオーバルで1998年から開催されてきたアメリカントップフォーミュラレースも14年目の今年で幕を閉じる。最後はロードコースでの初開催。事前テストはなく、全員がイコールコンディションのなか、ロードコースを得意とする佐藤琢磨にとってチャンスは大きく、初優勝に期待がかかる!
◆チケット発売中!
www.twinring.jp/indyjapan/

撮影/山川修一(本誌)

ハッシュタグ




おすすめ記事