エンタメ

“中野の秋元康”が熱弁「絶対にチアブームが来る!」

 時代はまさに群雄割拠・下克上・生き馬の目を抜くアイドル界! はたして今年はどんな新しいムーブメントが起こるのか!? 僕、ゴメス記者は、かならず“チア”が来ると予言しよう!!

 たとえば、種々様々なコスプレを売りにするデリヘルとかで、「お好みのコスチュームはありますか?」と訊ねられても、常に「なんでもいいです」と、そっけなく対応し続けてきた、元来コスプレにはまったく興味のない、あえて言うなら“私服フェチ”のゴメス記者であるが、一つだけ“もしあれば”お願いしてしまうコスチュームがある。そう! それはチアリーダー。野球を観に行っても、青春グラフィティ的な映画をチェックしてても、チアリーディングのコスチュームをまとったピチピチガールたちの健康的なパフォーマンスを目の当たりにすれば、不謹慎にも100%欲情してしまう僕がいた。

「なぜか?」と問われると、「そこにチアがいるからだ!」としか答えようがない。ただ、そんなわりと昔からのチアマニアであるゴメス記者の超贔屓目を差し引いたとしても、浜崎あゆみのバックで踊るフィジカライズされた妙に白い歯が光る男性ダンサー、西野カナのステージのチア的演出……といった、ここ数年のムーブメントから考えるに、やはりチアブームがじわじわと、しかし確実に来はじめているのではないか、と結論づけざるを得ないのだ。さらに、1か月ほど前、あるテレビ番組を通じて、僕の主張を裏付けるかのような運命の出会いがあった。

西沢モトさん

 その人の名は、西沢モトという。24年前にエアロビクスの全日本チャンピオン(世界第4位)となり、2000年、中野にプロチアリーダーチーム「TEAM☆SPARK(チームスパーク)」を柱とした全身ピンクのビルを拠点とする異色の芸能プロダクション「東京MSSエンターテインメント(以下、MSS)」を立ち上げた。チアの育成をメインとし、企業パーティやお祭り、テレビ・ラジオなどを対象に、制作や演出も含めてプロチアチームをパイにあわせて提供しているという。

 そして、誰が呼んだか「中野の秋元康」ことモトさんは、チアの派遣だけにとどまらず、今年から従来のチアリーディングに歌とダンスをミックスした芸能ユニットを仕掛けようとも企んでいるらしい。まさに、ゴメス記者が薄ぼんやりと想い描いていた“次世代を担うニューアイドル・スタイル”そのまんまではないか! 一気に意気投合したゴメス記者。さっそくモトさんを訪ね、ピンクのビルまで足を運んだのであった。

――MSSのような“チア専門”の会社は、日本でほかにもあるのでしょうか?

なくはないです。でも、たいがいがサッカーや野球チームの専属制。アメリカも同様ですね。ウチみたいにいろんなところに、ニーズに合わせてチアを派遣する会社は、たぶんほぼないんじゃないかな? 少なくとも、日本で一発目に“プロチアリーダー宣言”をしたのはウチだったと思います。

――MSSには、どのくらいの“タレント”が所属しているんですか?

基本は女性のみで、チアチームの『TEAM☆SPARK』に約70人が所属しています。そのなかから一声一晩で集められるメンバーが約50人。現役でバリバリやっているコたちは20人くらいでしょうか。そこから芸能ユニットもやりたい子たちが枝分かれしていく感じで……。

――彼女たちは、どういった経緯でモトさんのもとに集まってくるのですか?

紹介やオーディション雑誌の告知やホームページを見て……、ですね。オーディションに来るのはチアリーダー志望のコばかりじゃないです。でもウチでやりたいならば、まずは全員チアを経験させます。MSSの精神がチアスピリッツにあるので。そこから自分のやりたいことを決めてもらう。もちろん、元々チアをやっていたコもいっぱい来ますよ。

⇒【写真】プロチアリーダーチーム『TEAM☆SPARK』
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=394959


――正直な話、皆さん、チアの仕事だけで食っていけるのでしょうか?

これだけで食べているのは4~5人ほどです。イベントのギャラでやっと食べているというのが現状。あとのコは、いろんなアルバイトをしながら生計を立てています。(ほかの会社の)正社員になっているコはいません。正社員をやりながら同時にやっていくのはきびしいですから。たとえば、一年契約しますよね。無理だと思えば、自分の道を選べばいい。ただし、契約している期間はウチを第一に考えてもらうようにしています。正直、辞めていくコも多いですね。

――タレントさん全員にチアをやらせる具体的なメリットを教えてください。

声を出す・自分を表現する・笑顔を出せる・規律を守る・正しい礼儀を守る……、あと、着替えのスピードだとか、芸能の基礎のすべてがチアにはあるんです。チア精神を身につければ、ベクトルをちょっと変えるだけで歌やダンスだけのユニットなんて、すぐになれると思うんです。

――僕は、巷の流れから判断するかぎり、今年こそが“チアブーム元年”だとにらんでいるんですが……。モトさんは僕のこの主張に対して、率直にどうお考えですか?

間違いないです!

――ありがとうございます! で、そのココロは?

世の中がトロいからです!

「カチッ!」とモトさんの脳内スイッチの入る音がした。続きは後編で!! <取材・文/山田ゴメス>

⇒【後編】はコチラ http://nikkan-spa.jp/394991

【山田ゴメス】
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。日刊SPA!ではブログ「50にして未だ不惑に到らず!」(http://nikkan-spa.jp/gomesu)も配信中。現在「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系列)(http://www.ntv.co.jp/99answer/)に“クセ者相談員”として出演。『クレヨンしんちゃん たのしいお仕事図鑑』(双葉社)も好評発売中!

1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書『クレヨンしんちゃん たのしいお仕事図鑑』(双葉社)、ツイッターアカウント@gomes12081




おすすめ記事