エンタメ

ぽちゃドル・水樹たまが語る「私が痩せられない本当の理由」

グラビア界でぽちゃドル需要が急騰中。女性誌でもたびたびぽっちゃり向けファッション特集が組まれるなど、熱い注目を集める“太いだけじゃない”女のコの真の魅力を探究する。

◆人気ぽちゃドルが語る「暴れだす食欲と闘う毎日」

水樹たま「グラビアン魂」に登場するや、「こんなグラビアが見たかった!」と読者の大反響を呼んだ水樹たま。掲載後、所属事務所には「たまちゃん痩せないで!」という嘆願メールまで届いたという。だが本人がぽちゃドル人気を自覚したのは、つい最近なんだとか。

「デビューしたときからぽっちゃりでしたけど、実はここ2年で15kgも体重が増えちゃって……。事務所からも痩せろ痩せろと言われて、『グラビアン魂』のオファーも最初は断ろうと思ったんですよ、自信がなくて。でも、みなさんから温かい声をいただけるようになって、今ようやく自分の体形に自信が持てるようになりました。ありがとうございます!」

 小さい頃からぽっちゃり体形がコンプレックスで、「小学生の時点でFカップあったから、よくからかわれましたね。高校生の頃なんて、先輩からは“メロンちゃん”、後輩からは“スイカさん”と呼ばれてました(苦笑)。今でも、道端ですれ違いざまに『でかっ』って吐き捨てられたり」とつらい経験をしてきたとか。

 それでも「食べるのは大好きでやめられなかった」と続ける。

「たこ焼きを一度に50個食べたことがあります。止まらないんです。だから好きなタイプは、いっぱい食べても怒らない人。『食べっぷりがいいね』って褒めてほしい」

 現在はファスティング(プチ断食)をしながら体形維持に努めているらしいが、「今いちばん食べたいのはエビフライ! あとはハンバーグ、フライドチキン、お寿司、プリン、たい焼き、それから……」と暴れだす食欲と格闘する毎日を送っている。

 それでもアイドル。見栄えには人一倍気を使っている。

「体形を隠すとかえってデブに見えちゃう。あえて肌を露出したり、腰の締まった服を着るなど、体のラインを見せたほうがセクシーに見える」と魅力向上に余念がない。

「景気がいいと巨乳やぽちゃドルがハヤるらしいので、もっとぽちゃの魅力を広めて日本を元気にしたい。ポチャノミクスです(笑)」

【水樹たまちゃん】
’85年、埼玉県生まれ。T153B94W60H94。「グラビアン魂」は週刊SPA!2013年4/30・5/7合併号に掲載(http://nikkan-spa.jp/gravure/427158)。ムチムチボディと明るいキャラで人気の彼女は、待望の最新DVD『想いのままに』が絶賛発売中! オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/mizuki-tama/

― なぜ今[ぽっちゃり美女]に魅かれるのか【5】 ―

想いのままに

舞台はバリ島。秘書のたまちゃんが何でも言うこと聞いちゃいます

ハッシュタグ




おすすめ記事