R-30

終電まで働いても生活苦…40代で貧困に陥る人の現実

【40代の貧困】「転機は39歳で仕事をやめたこと」

処理代が捻出できず壊れた家電の山。アパートの階段が狭いため、窓からロープで降ろさなければならないが、大野さんの部屋は2階だ

 大野忠明さん(仮名・46歳)は、現在、NPO法人のパートスタッフとして働いている。元々、ボランティアとして参加していたが、有給スタッフとして誘われたという。時給は1000円、月収20万円前後で年収は260万円だ。

「連日、昼前から終電まで働いていて、今が人生で最も働いているくらいです。収入が増えるのはありがたいですが、これでは就職活動もできません。就労条件などは詰めていなかったのですが、たまたま忙しい時期が来てしまったうえに、人員も足りないので、とにかくフル回転しています」

 時間にも精神的にも余裕がなく、家の管理も放置状態だという。1Kのキッチンには壊れた冷蔵庫のほか、壊れたテレビや壊れたビデオデッキなども積み上がっていた。

「捨てたいのですが、手続きや料金が必要ですし、新しい冷蔵庫を買う余裕もありません。放置したまま2年もたってしまいました」

 おかげで自炊することもできず、もっぱら牛丼屋やラーメン屋をヘビーローテーション。

「お金もかかるうえに、食生活が乱れて体調もよくない気が……」

 そもそも、生活が苦しくなったのは2006年頃、39歳のときに6年勤めた会社を辞めてからだ。ピーク時には月収40万円も稼いでいたが、2002年に病気で体調を崩し、会社を休みがちになった。

「上司は『病気に甘えている』などと嫌味をいうので、こちらも言い返していたところ、忙しい部署に異動させられました。ところが、この部署で仕事を与えられなくて、定時帰宅する状態。当然、同僚からも白い目で見られるし、居心地は最悪でした」

次のページ 
この状況に4年耐えたが…

1
2
週刊SPA!1/28号(1/21発売)

表紙の人/有村架純

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事