恋愛・結婚

「好きでも嫌いでもない男」からのLINEにキュンとした女たち

国内の利用者が5000万人を突破したLINE。最近では職場でも気軽に使われるケースが増えてきた。しかし! 業務連絡だけで終わらせるのはもったいない! LINEを使えば社内恋愛に持ち込むのは実にカンタン。ただの仕事関係から“恋愛対象”になるために、メッセージで好感度を上げる方法を伝授する!

<入門編>

◆仕事がらみのやりとりで「好きでも嫌いでもない男」から「好感度の高い人」にカンタンに昇格できる!

LINE,社内恋愛 好きでも嫌いでもなかったはずの職場の男性から届いたLINE。全国の22~35歳OL100人に調査したところ、実に3人に1人もの女性が「仕事中にもらったメッセージにときめいたことがある」と回答。

 もともと好意があったという話であれば、さほど珍しくもない。しかし、LINEでときめいた対象は“好きでも嫌いでもなかった男”なのである。なんという福音! そんなツールがあるなら、使わない手はないだろう。

 女性たちにヒアリングした結果、浮かびあがってきたのは「気遣い」というキーワード。LINEを通じて、いかに気遣っているのかを伝えることが肝要だ。

 残業後、帰宅中に送られてきた「気をつけて帰ってね」のメッセージは7割の女性が「好感度大」と認定。飲み会の幹事を務めたコに「幹事お疲れさま!」と送るのも、高い評価を集めた。気遣いアピールできるチャンスがあったら、迷うことなく、すかさずメッセージを送りたい。

「会社の飲み会の幹事をしたとき、結構大変だったんですけど、38歳の先輩から『幹事お疲れさま。困ったことがあったら手伝うよ』とメッセージをもらったんです。見ていてくれた人がいたんだと感動しちゃって、ちょっと意識するようになっちゃいました」(28歳・保険)

「業務連絡なんだけど、気遣ってくれるメッセージが書いてあるのもキュンとくる。『残業お疲れさま。無理しないで早く帰ってください』とか」(25歳・商社)

LINE,社内恋愛 実際の仕事にかこつけて送れば、好意がダダ漏れし、重たがられるリスクも回避できる。

「体調不良で会社を休んでいるとき、40歳の上司から届いたLINEに書かれていたのは『こっちはなんとかするから、気にせずゆっくり休んで』。大人の気遣いですよね。会社を休んだときって、罪悪感でいっぱいなのも、きっとわかってるんだろうなあって……」(29歳・IT)

 必要なときに、さっと手を差し伸べる。その積み重ねが、好感度をグイグイ上げていく。

「困ったな……と思ったときにLINEを見たら、『大丈夫?』というメッセージが届いてるとか、すごくいい!」(29歳・教育)

 意外なところでは「部長のカツラがズレてた」などのおもしろネタも好評。全体の46%が好感度大、40%が「いい人だな」と思うと答えた。なぜ、ヅラネタが……!?

「共通の話題で盛り上がれると、親近感が湧くんです。LINEだとこっそりやりとりできるから余計盛り上がる」(32歳・不動産)

 おもしろネタと言っても、“俺の渾身のギャグ”は求められていないようなので注意されたい。「優しくて話が合いそうな人」という信頼を貯金したところで、いよいよ、プライベートなやりとりに突入だ。“気になる存在”になれるよう、一気に畳み掛けたい。


<全国22~35歳OL100人調査結果>

Q.仕事中に来たメッセージでときめいたことがある?
Yes:30%/No:70%

Q.「好きでも嫌いでもない職場の男」から以下のようなメッセージが送られて来たら?

●残業後、帰宅中に「気をつけて帰ってね」
好感度大:70%/「いい人だな」と思う:23%/ウザイ:7%

●飲み会の幹事を務めたコに「幹事お疲れさま!」
好感度大:61%/「いい人だな」と思う:32%/ウザイ:7%

●プレゼンなど大仕事の後に「お疲れさま」
好感度大:54%/「いい人だな」と思う:41%/ウザイ:5%

●「部長のカツラがズレてた」などのおもしろネタ
好感度大:46%/「いい人だな」と思う:40%/ウザイ:14%


<送ったら間違いなく好感度が上がる鉄板フレーズ>

~ そのまま使えるシチュエーション別 ~

●皆の前で上司に怒られていたコには⇒「大丈夫?」とひと言(好感度UP:62%)

●体調不良で休んでいるコには⇒「こっちはなんとかするので気にせずゆっくり休んでね」と『仕事の心配は無用』と伝える(好感度UP:60%)

●社内飲み会で泥酔していたコには⇒「ちゃんと帰れた?」と安否を気遣うひと言(好感度UP:56%)

― LINEで社内恋愛 完全マニュアル【2】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事