恋愛・結婚

簡単に新たな世界が開ける“ちょい足しSEXレシピ”

アラサービッチが提唱する“ちょい足しSEXレシピ”はTENGA導入

ほんのひと工夫でSEXは驚くほど気持ち良くなる!

 前戯をさくっと済ませてはい挿入。体位を数回変えたらよし射精……。気づけばセックスがワンパターン化し、ステディとのマンネリに苛まれている読者も多かろう。いざ脱マンネリを図ろうにもSMプレイやアナル開発といった急激なアレンジはやはり骨が折れる。

 そこで、誰もが簡単にできる“ちょい足しレシピ”を独自に開発。ここでは「道具をちょい足し!」を紹介する。

◆身の回りのものを活用すればSEXで新たな世界が開ける

 自らをビッチと称し、女性がよりSEXを楽しむための実践的な方法をブログやWEB連載で紹介して人気を博しているベッツィー氏。 パートナーとは常にエロ妄想やしてみたいプレイを持ち寄って話し合い、道具を使った「ちょい足し」 の開発にも余念がないという。

 氏がオススメするテクのひとつが、ピチッとしたゴム手袋をはめてのローションマッサージ。

「普段触らない足の指の股までヌルヌルされると、味わったことのない感覚で男女ともにゾクゾクしちゃいますよ。お風呂ならボディソープで洗い合うのもいいですね」

 また、次なるちょい足しテクは「TENGA導入」だ。

「TENGAはぜひプレイに取り入れたい。男性に目隠しさせて、自分は顔面騎乗しながらTENGAでヌイてあげたら、疑似3Pみたいじゃないですか?」と、取材中も新たな技を発明していく彼女。「相手との関係をつなぎとめる手段などではなく、SEXそのものを楽しめる相手と快感を追求し合うこと」こそが、理想のビッチの心得なのだそうだ。

 9/9に発売された週刊SPA!に掲載されている袋とじ特集『[ちょい足しSEX]革命』では、上記のようなオリジナルテクを完全網羅。また、編集部が独自に集めた「女も濡れるちょい足しメソッド40」を実際に試してみたいかどうかを女性100人にアンケート調査を敢行している。これさえ読めば、あなたのSEXライフは劇的に変わるはず! <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

【ベッツィー氏】
SEXとメタルとおむすびを愛するアラサービッチ。ブログ「ちょっとだけbitchな生き方(仮)」http://betsy69.blog120.fc2.com/ ほか、webマガジン「AM」や「アリマライフ」のサイトでコラム連載中

週刊SPA!9/16・23合併号(9/9発売)

表紙の人/TOKIO

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事