エンタメ

“呪い”がコンセプトのアイドル!? 『じゅじゅ』を直撃

 毎週末【週末アイドル情報】と題して、週末に行われるアイドルイベントをまとめている筆者DDマツです。今回、そんなDD(誰でも大好き)な私がインタビューしたのは、被写体モデルでありながら、ゴスロリ衣装に身を包んだ「呪がコンセプト」の不思議な2人組ユニット「じゅじゅ」。初の主催ライブ直前の彼女たちに突撃インタビューしてまいりました。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=724317

――ではまず自己紹介と、年齢と出身地を教えて下さい。

じゅじゅ,しらい,ねう

ねう(写真左)としらい(写真右)の2人グループ「じゅじゅ」

しらい:しらいです。18歳で、埼玉出身です。

ねう:ねうです。21歳です。転勤族だったので出身地は難しいのですが、生まれたのは山形で、一番長くいたのは京都か新潟ですかね。

――結成半年で、初の主催ライブが即完売というと、スゴく勢いのある感じがしますが、ご本人たちの実感としてはどうですか?

ねう:ビックリしてます。主催ライブをするって言われたときも、20人とか……来たらいいほうかなって思ってたので。

しらい:「え!?誰が来るの?」と思ってました……(笑)

――お二人とも相当にネガティブですね。ネガティブなお二人が楽屋に二人きりだと雰囲気暗くなったりしませんか?

しらい:ふたりともTwitterしてる……(笑)

――なるほど……Twitterをやってないとき、2人でおしゃべりをするときはどんなお話をしていますか?共通点というか……。

しらい:何話すだろう?

ねう:Twitterの話……?

だいき(じゅじゅプロデューサー):エゴサじゃん?

しらい:あ!エゴサ!(※エゴサーチの略=自分についてのツイートを探すこと)

――エゴサの成果?なのか、お二人のMCはファンの方と話す所謂「客いじり」も多いな、と思うのですが

ねう:MCは、私たち2人じゃ話すことがなくて、お客さんを巻き込まないと……。元々話すのそんなに得意じゃないので。

――このままだとドンドンと「呪い」っぽい方向にいきそうなので、話題を変えましょう。お休みの日は何してますか?

じゅじゅ,しらい,ねうねう:(即答で)寝てます……。

しらい:ああ、それだ……。

――ええと……寝てて、起きたら何しますか?

ねう:『午後のロードショー』とか見てます。自分で借りないような映画がやっているので、B級な映画とか。元々映画とか小説とか好きなので。

――TSUTAYAでレンタルじゃなくて『午後のロードショー』ってところが渋いですね!しらいさんはどうですか?

しらい:暗いけど、頑張ってかわいい女のコに声かけて、遊びに行きます。プリクラを撮ったり。甘いもの食べに行ったりとか。最近だとQ-pot CAFEに行きました

――女のコらしい休日の過ごし方ですね。では、アピールポイントというか、じゅじゅのココを見て欲しい!みたいなのありますか?

しらい:今まで日を浴びないで生きてきた人間の人生だぞ!みたいなことですかね。

ねう:生き様を見ろ!みたいな。

しらい:ちょっと言い過ぎたかな(笑)

――生き様!カッコイイと思います。では、だいきさんから見てじゅじゅのアピールポイントってどこですか?

だいき:ネガティブなところじゃないですか?(笑)じゅじゅはこの2人じゃなきゃ出来ないと思っていて。普通に「キラキラしたアイドルになりたいです!」って女のコ連れてきてもじゅじゅは出来ないと思っていて。存在がじゅじゅというか。

しらい:人生が世界観に出てる(笑)

※【後編】『呪いがコンセプトのアイドル『じゅじゅ』は「日本酒大好き」』に続く⇒http://nikkan-spa.jp/723520

<取材・文/DDマツ 撮影/西田周平 HORI(全体写真)>




おすすめ記事